鼻づまりの薬!ザイザルの効果と副作用は?

鼻づまりの症状で病院に行くと、ザイザルを処方されることがあるかもしれません。

 

今回の記事ではザイザルの効果と、副作用、市販されていないかどうか紹介していきます。

スポンサードリンク

ザイザルはどんな薬?

ザイザルは抗ヒスタミン薬です。

錠剤とシロップの2タイプがあります。

 

抗ヒスタミン薬には発売された時期によって第1世代と第2世代があります。

 

第1世代の抗ヒスタミン薬は、効き目は良いですが、副作用も強いです。

1983年以降に発売された第2世代の抗ヒスタミン薬は、それなりの効き目を保ちながらも副作用が少なくなっています。

 

ザイザルは第2世代の抗ヒスタミン薬です。

スポンサードリンク

ザイザルの効果は?

有効成分はレボセチリジン塩酸塩で、花粉症、ハウスダストやダニが原因のアレルギー性鼻炎に効果があります。

 

  • 鼻水を抑える
  • 鼻づまりを改善する
  • 目の痒みを抑える
  • ノドの痒みを抑える

このような花粉症などのアレルギーが原因の症状を抑えてくれるものです。

 

また、同じようにアレルギー性の湿疹などに対して効果があります。

そのため、皮膚科などであまりに痒みが強いときに処方されたりします。

 

効果時間が長いため、1日に1回飲むだけで効果が持続するのも特徴です。

ザイザルの副作用

副作用が少ないとされる第2世代の抗ヒスタミン薬です。

それでも、副作用はあります。

 

一番多いのは眠気です。

頭痛や疲労感、吐き気なども報告されています。

 

まれにではありますが重い副作用として、アナフィラキシー反応が出ることがあります。

また、重い腎臓病の人は使うことができません。

ザイザルはどこで手に入る?

ザイザルは市販されていません。

そのため、手に入れるためには病院で医師に処方してもらうしかありません。

 

同じような効果の市販薬が欲しい場合は、『コンタック鼻炎Z』もしくは『ストナリニZ』という市販薬があります。

 

この2つは、ジルテックという薬の成分が含まれています。

ジルテックをもとにしてザイザルが開発されているので、効果が似ているのです。

 

ただし、少しだけザイザルよりも副作用の眠気が出やすいという欠点はあるので注意しましょう。

症状を抑える効果は、ザイザルと同じくらい強いです。

ザイザルが効くメカニズムは?

花粉やハウスダストなどのアレルゲンが体内に入ると、肥満細胞からヒスタミンなどの化学伝達物質が放出されます。

 

こうした物質は体にとっての異物(アレルゲン)を撃退しようと、受容体と結合して体の色々な部位で炎症を誘発します。

 

この炎症が、部位によって目のかゆみや鼻水、湿疹などとなって現れているのがアレルギー反応です。

 

ザイザルなどの抗ヒスタミン薬は、ヒスタミンの受容体を邪魔することによってヒスタミンの結合を防いでいきます。

これにより、アレルギーによる炎症を抑える働きがあります。

 

もう1つの作用として、脂肪細胞からのヒスタミンの分泌を抑える働きもあります。

まとめ

抗アレルギー薬の種類はたくさんあります。

効果があっても、どうしても気になるのが副作用です。

 

人によっては副作用が出る出ないの差があるので、強い薬でも出ない人もいます。

副作用が強くて困る場合は、改めて他の薬を処方してもらうようにしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ