子供の中耳炎の原因と治し方!自然治癒する?プールとお風呂は大丈夫?

子供が中耳炎になりやすい原因って知っていますか?

そしてどうやって治すのでしょうか。

 

今回は子供の中耳炎で気になる情報をまとめています。

スポンサードリンク

中耳炎は子供が発症しやすい

中耳炎は中耳にある耳管の炎症が原因となって発症します。

中耳炎は年齢に関わらず発症するものですが、大人よりも子供の発症率が高いのが特徴です。

 

子供は耳管が未発達で細菌が入りやすくなっているため、中耳炎を引き起こしやすいのです。

また、幼児は鼻の奥のアデノイドという扁桃組織が大きいため、これも耳管に影響を及ぼし、中耳炎を引き起こしやすくなる原因となっています。

 

アデノイドは小学校の入学時期くらいから急速に縮小し始め、子供の耳管の機能は小学3年生前後で大人の機能に近付くとされています。

これくらいまで成長すると、子供の中耳炎の発症率は大人とほぼ同等になっていきます。

 

子供が小さい内は中耳炎に注意する必要があります。

中耳炎には効果的な予防法というものはありませんが、その他の病気と同じく早期発見と早期治療が重要です。

 

耳痛、頭痛、耳が聞こえにくい、耳が詰まっている、こうした自覚症状が見られる場合、早めに耳鼻科で診てもらった方がいいでしょう。

なお、中耳炎は風邪やインフルエンザの合併症として現れることも多いので、風邪やインフルエンザの時は特に注意しないとダメです。

スポンサードリンク

中耳炎の治し方

中耳炎には急性中耳炎と滲出性中耳炎があり、それぞれ、原因と治し方が少し異なります。

急性中耳炎の治し方

急性中耳炎は耳の炎症による急性の中耳炎です。

痛みが強く表れるのが特徴であり、必要に応じて鎮痛剤や抗生剤などが処方されます。

 

急性中耳炎では鼓膜に穴が開いて膿が出てくる、いわゆる耳垂れが起きることもありますが、耳垂れがあると鼓膜の回復が必要になるので完治までに時間がかかります。

耳垂れが起きている時、必要以上に耳を触ると症状が悪化するので、あくまでそっと拭くくらいにしておきましょう。

滲出性中耳炎の治し方

滲出性中耳炎は耳の中に膿が溜まっている状態の中耳炎のことです。

 

滲出性中耳炎は急性中耳炎とは異なり、ほとんど痛みはありません。

しかし、滲出性中耳炎も放置しておくと膿が増殖してしまい、耳の痛みや違和感などを引き起こします。

滲出性中耳炎は急性中耳炎の後、耳の中にまだ膿が残っていて引き起こされることが多いです。

 

これも、抗生物質を使ったり、鼓膜を破いて膿を出すという治療をしていきます。

中耳炎と自然治癒

中耳炎は自然治癒することもあるので、自然治癒も治し方の一つとして選択できます。

しかし、耳管の炎症は自然治癒する可能性がありますが、耳の中の膿のは放っておくと炎症がひどくなり、悪化してしまいます。

 

特に耳垂れの量が多いと滲出性中耳炎を引き起こすことがあるので、耳鼻科でしっかりと膿を取り除き、耳の消毒をしてもらうのが望ましいです。

中耳炎の発症時のお風呂

中耳炎の発症時、お風呂に入っていいかどうかというのは症状の程度によって変わってきます。

 

中耳炎では耳痛や頭痛の他、発熱の症状が出ることがあります。

中耳炎で発熱の症状が出ている場合、熱が上がったり、痛みが強くなったりするのでお風呂には入らない方が良いでしょう。

 

しかし、入浴には免疫力を上げて解熱を促す効果があるとする見解もあります。

 

中耳炎で発熱の症状が出ている場合、発熱の程度によってお風呂に入るかどうかを決めてもいいでしょう。

具体的には、38°を超える高熱が生じているようであればお風呂は避けた方が無難です。

 

入浴は体力を消耗するということもあるので、高熱時にお風呂に入ってしまうと疲れ切ってしまい、逆に免疫力が低下してしまうということも考えられます。

 

中耳炎では鼓膜に穴が開き、耳管に溜まった膿が出てくる耳垂れの症状が見られることがあります。

耳垂れの症状がある場合、お風呂に入ると耳から耳管へとお湯が入ってしまい、中耳炎の炎症が悪化してしまうので注意が必要です。

中耳炎の発症時のプール

プールには衛生管理のため、消毒液をはじめとするさまざまな薬品が使用されています。

これらの薬品は人体に害を及ぼさない程度にまで濃度を薄めてから使用されていますが、中耳炎を発症している場合、薬品によるちょっとした刺激でも大きな負担になることがあります。

 

プールの消毒液が耳や鼻に入り込むと粘膜が傷つき、中耳炎の治りが遅くなってしまうのです。

 

中耳炎で強い痛みが出ていたり、高い熱が出ていたりするのであれば、お風呂と同じようにプールの利用も避けた方が良いでしょう。

ただ、プールを利用するに当たって、水泳をメインにしているという方もいれば、水中ウォーキングをメインにしているという方も多いことでしょう。

 

医師によっては、中耳炎では水泳などの水中での激しい運動は避けた方がいいが、水中ウォーキングであれば耳や鼻の粘膜を傷つける可能性がほとんどないので、中耳炎の症状がよほど酷くなければ問題ありません。

 

また、鼓膜に穴が開いて耳垂れの症状が出ている場合も、もちろんプールには入らないようにしましょう。

そもそも、耳から膿が出ているとなると、プールの衛生管理上の問題も発生するので、そうした意味でも利用は見送るべきです。

 

中耳炎のお風呂とプールの利用について、判断に迷った場合は耳鼻科の医師に相談してみるといいでしょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ