暖房器具をつけると鼻づまりになってしまうのはなぜ!?

暖房器具をつけると、必ず鼻水が出たり、鼻づまりが起こるという人がいます。

 

いったいこれはなぜ起こってしまうのでしょうか。どうやって対策をすればよいのでしょうか?

スポンサードリンク

暖房器具で鼻づまりが起こる

 

暖房器具の使用によって鼻づまりが悪化したり、鼻がつまってしまうことがあります。

 

これには2つの原因が考えられます。

・自律神経の乱れ

・ハウスダスト

 

この2つが暖房器具をつけることで鼻づまりが起こってしまう原因です。

それぞれ詳しくみていきましょう。

自律神経によるもの

人間の体の機能は自律神経によってコントロールされています。

汗が出たり、鼻水が出たりするのは全て自律神経の機能によるものです。

 

そして、自律神経のバランスが乱れると鼻水が過剰分泌され、鼻づまりが引き起こされることになります。

 

自律神経には交感神経と副交感神経があります。

交感神経は緊張時に活発に働き、副交感神経はリラックス時に活発に働きます。

 

冬場、外出時は気温が低く、熱を作り出すために交感神経が優位になっています。

そこで、暖房器具を使用すると副交感神経が優位になります。

 

ここで丁度いいバランスでコントロールされればリラックスを得られるのですが、急激に交感神経優位から副交感神経優位に切り替わると自律神経のバランスが乱れ、コントロールを失うことがあるのです。

 

副交感神経が優位になり過ぎると血管が拡張され、鼻の粘膜が膨らみ、鼻づまりが引き起こされることになります。

スポンサードリンク

この温度の変化に自律神経が乱れてしまって、鼻づまりなどのアレルギーが出ることを『寒暖差アレルギー』と呼びます。

 

このアレルギーは普通のアレルギー反応とは違って効果的な対策は無いとも言われており、完全に治すことは難しいでしょう。

自律神経のバランスを整えたり、ステロイド、抗ヒスタミン薬で症状を抑えることになります。

 

また、これから紹介するハウスダストによるものでは無いことはチェックしておくべきです。

ハウスダストによるもの

暖房器具を使用すると部屋の中の空気が温められます。

暖気は冷気よりも高い場所に上っていくという性質を持っており、暖房器具の使用によって部屋の中に小規模な上昇気流が発生することになります。

 

これにより、普段は床に溜まっているホコリ、カビ、ダニ、花粉などのハウスダストが舞い上がり、室内に漂い始めます。

そうなると呼吸によって体内に吸収されやすくなります。

 

ハウスダストが多いとアレルギー反応として鼻水や、鼻づまりの症状が出てくることがあります。

暖房器具を使用して鼻づまりの症状が出て、なおかつ部屋の掃除が不十分という場合、ハウスダストが原因になっているかも知れません。

暖房器具を使用する部屋の掃除は特に小まめに行うように心がけましょう。

 

また、暖房器具のフィルターもカビやダニの温床になりやすいです。

久しぶりに暖房器具をつけて鼻づまりが出てしまったら、暖房器具から出てきたカビやダニ、ホコリによってアレルギー症状が出ているかもしれませ。

 

フィルターの掃除は本格的に行うとなると大変ですが、掃除機を軽くかけるだけでもかなりの効果があります。

まとめ

どうでしたか?

掃除をしっかりしていない場合は、まずは掃除をとことんやってみましょう。

 

掃除が行き届いているけど、暖房器具をつけると鼻づまりが起こるのであれば、寒暖差アレルギーの可能性が高いでしょう。

また、部屋の中でマスクをしてから暖房器具をつけても症状が出るなら寒暖差アレルギーでしょう。

 

寒暖差アレルギーに対しては自律神経のバランスを整えることが大事です。

もし、あなたがお腹を壊しやすい、便秘を持っているなら腸内環境を整えることを考えてほしいです。

 

腸内環境と自律神経には大きな関係があり、腸内環境を整えることで自律神経バランスを整えることにもつながるからです。

乳酸菌を毎日摂ったり、食物繊維を積極的に取り入れたり、お腹のためになることを始めてみましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ