鼻がむずむずしちゃう原因とは?止めるための対処法は?

鼻がむずむずとしてかゆい!なんて症状は不快ですよね。

いったいなぜ鼻がむずむずしてしまうのか原因は分かっていますか?

 

このむずむずを止めるための対処法と原因について紹介しています。

スポンサードリンク

鼻がむずむずする原因

①アレルギー性鼻炎

アレルギー反応は花粉などのアレルゲンによって引き起こされる免疫系の過剰反応のことです。

そして、アレルギー反応による鼻炎をアレルギー性鼻炎といいます。

 

風邪を引いておらず、熱も出ていないのに鼻のむずむずの症状が出ている場合、アレルギー性鼻炎が原因となっている可能性が高いです。

 

アレルギー性鼻炎では粘り気のない透明な鼻水が出るので、鼻が詰まってむずむずしがちになります。

鼻呼吸がしずらくなり、口呼吸になってしまうというのもアレルギー性鼻炎の特徴です。

 

また、アレルギー性鼻炎の症状は朝方と夕方に強く出ますが、昼間は比較的治まります。

 

これはアレルギー性鼻炎が自律神経との関わりが深く、副交感神経が活発になるリラックス時に起こりやすいからです。

アレルギー性鼻炎では原因であるアレルゲンを避けつつ、自律神経に負担をかけないストレスの少ない生活を送ることが大切となります。

 

アレルギー性鼻炎は基本的に季節性ですが、一年を通して症状が出る場合があります。

これを通年性鼻アレルギーといいます。

 

通年性鼻アレルギーはホコリなど、室内のハウスダストによって引き起こされることが多いので、改善のためには生活環境の改善が必要となります。

掃除を小まめに行い、カーペットやベッドをカビやダニが繁殖し難いものに変えるなどの工夫も重要です。

スポンサードリンク

②寒暖差アレルギー

血管運動神経性鼻炎という鼻炎の種類でも鼻のむずむずなどの症状が引き起こされます。

 

血管運動神経性鼻炎の原因はさまざまですが、急激な気温変化が関係していることが多いです。

急激な気温変化による血管運動神経性鼻炎は寒暖差アレルギーとも呼ばれています。

 

季節の変わり目の寒暖差、朝晩の気温差などに自律神経が敏感に反応してしまうと、寒暖差アレルギーを発症して鼻がむずむずしてくることがあります。

 

また、温かい食事を摂った時、体が温められて症状が出てくることもあります。

 

なお、寒暖差アレルギーは鼻に症状が現れますが、アレルギー性鼻炎とは違って目のかゆみなど出ません

 

寒暖差アレルギーの症状は出たり引いたりを繰り返すのが特徴です。

傾向として、空気が乾燥している時期は症状が出やすくなります。

③ウイルス性鼻炎

ウイルス性鼻炎はウイルスが原因となって起きる鼻のむずむずです。

一般的に、風邪と呼ばれるものがこれに該当します。

 

ウイルス性鼻炎にかかると、鼻水、鼻づまり、くしゃみ、せき、頭痛、喉の痛み、腹痛、発熱など、さまざまな症状が引き起こされます。

④ドライノーズ

鼻の粘膜から分泌される、粘液が減ってしまうことで起こるのがドライノーズです。

 

鼻の中が乾燥するため、刺激に敏感となるので、何もしていなくてもむずむずとかゆみが出てくるのが特徴です。

ドライノーズについてはこちらの記事を参考に↓↓

鼻がむずむずする!?ドライノーズの症状と原因とは

鼻がむずむずする時の対処法

アレルギー性鼻炎の対処法

アレルギー性鼻炎は鼻のむずむずの症状を引き起こす最たる原因です。

アレルギー性鼻炎の治療は、症状を抑える薬物療法、生活環境の改善によるアレルゲンの排除、この二つの対処法を主軸として進められていきます。

薬物療法

アレルギー性鼻炎の薬物療法では、抗ヒスタミン薬やステロイド薬などが処方されます。

その他、ケミカルメディエーター遊離抑制薬、Th2サイトカイン阻害薬、ロイコトリエン受容体拮抗薬などが処方されることもあります。

 

また、医師によっては、患者の免疫力を上げてアレルゲンに負けない体を作るため、漢方薬を処方するというところもあるようです。

 

抗ヒスタミン薬はアレルギー性鼻炎による鼻水、鼻づまり、鼻のむずむずなどを止める効果を持つ薬です。

 

ステロイド薬は強力な薬であり、重度のアレルギー性鼻炎の症状も止めることができます。

しかし、ステロイド薬は効果が強力な分、反作用として副作用があり、長期間の服用は免疫力の低下を引き起こすことがあります。

生活環境の改善

アレルギー性鼻炎を引き起こすのは、ホコリ、カビ、ダニ、花粉などのアレルゲンです。

アレルゲンに対して体の免疫系が過剰反応し、鼻のむずむずなどの症状が引き起こされるのがアレルギー性鼻炎の始まりとなります。

 

薬物療法は対症療法なので、アレルギー性鼻炎の根本的解決のためにはアレルゲンの排除が不可欠です。

そのためには室内を清潔に保つことが第一の対処法となります。

 

掃除や洗濯は小まめに行うようにし、洗濯物はできるだけ室内干しではなく外干しをするようにしましょう。

洗濯物が室内にあると湿度が上昇し、カビやダニや繁殖しやすくなってしまうからです。

 

室内の温度は20℃から25℃、湿度は50パーセント程度が適当とされています。

こうしてアレルゲンを排除していけば、アレルギー性鼻炎の症状は必ず止めることができます。

体質を改善

最後にアレルギー性鼻炎に対して、体質を改善して症状が出にくいようにするという方法があります。

有名なものとしては乳酸菌の摂り続けて、腸内環境を整えることで免疫バランスを整えるというものがあります。

 

ヨーグルトを毎日摂り続けるのが難しいなら、サプリメントを使うというのもおすすめです↓↓

☆1粒に500億個☆ヨーグルトの5倍以上の乳酸菌!

 

その他にはお茶のチカラを使ってアレルギー症状を抑えるという方法もあります↓↓

お茶で慢性鼻炎を改善していく

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ