目立ってしまう鼻ニキビができる原因とは?治し方は?

鼻にニキビが出来てしまうと目立ってしまうのでなんとかしたいものです。

今回の記事では鼻ニキビが出来てしまう原因と治し方について紹介したいと思います。

スポンサードリンク

ニキビのメカニズム

ニキビは毛穴に皮脂が詰まって、そこにアクネ菌が繁殖することで発生します。

 

肌は古い角質が新しい角質に生まれ変わるターンオーバーを絶えず繰り返しており、それによって美容と健康を保っています。

しかし、ターンオーバーのサイクルが乱れると古い角質が剥がれずに残ってしまい、それが皮脂詰まりの原因となるのです。

 

皮脂詰まりが起きると皮脂を好むアクネ菌が毛穴の中で増殖し、ニキビが発生することになります。

これがニキビのメカニズムです。

鼻ニキビの原因

鼻は皮脂腺が多く、毛穴の奥が深く、人体の中でも特に皮脂詰まりが起きやすい部位の一つです。

 

そして、鼻は顔の中で1番出っ張っている部位なので、ついつい触ってしまいがちです。

そんなデリケートな鼻に対して、細菌の付着した手で触れたり、添加物を含む化粧品を使ったりするとそれらが刺激となり、肌のターンオーバーのサイクルが乱れてしまいます。

 

皮脂の過剰分泌も鼻ニキビの原因の一つです。

皮脂の過剰分泌はさまざまな原因によって引き起こされますが、そのほとんどにホルモンバランスの乱れが大きく関係しています。

 

思春期の男女にニキビがよく見られるのはホルモンバランスの乱れにところが大きいです。

そして、鼻は皮脂腺が多く、皮脂の分泌量も多いため、ホルモンバランスの乱れの影響は大きく出てしまいます。

スポンサードリンク

鼻ニキビの対策

鼻ニキビの対策としてはまず、規則正しい生活習慣を心がけることが大切です。

十分な睡眠、適切な食事、適度な運動を心がければ、多くの鼻ニキビは解消されます。

 

また、精神的ストレスもホルモンバランスを乱す原因となるので、勉強や仕事などで精神的ストレスを溜めがちな方はそれを解消する方法、緩和する方法を考える必要があります。

鼻ニキビの治し方

鼻ニキビがある場合、自宅でできる治し方としてはスキンケアが大事です。

乾燥肌の方は保湿を行うことで肌のバリア機能が強化されるため、鼻ニキビの改善が期待できます。

 

ただし、上述した通り、鼻はデリケートな部位であり、必要以上の刺激は肌のバリア機能を低下させることになります。

洗顔時、ゴシゴシと顔を磨くような洗い方は逆効果です。

 

角質層から汚れとともに水分が奪われてしまい、逆に乾燥を悪化させることになります。

洗顔は手のひらで泡立てた泡で撫でるように行うのが望ましいです。

また、シャンプーも無添加で低刺激のものをおすすめします。

 

鼻ニキビで病院に行くという方は少ないですが、病院での治療は鼻ニキビの治し方の一つとして有効です。

抗炎症剤などで炎症を抑えつつ、ディフィリンゲルという角質層の硬化を抑える医薬品を使用することにより、鼻ニキビが起きにくい肌作りを目指せます。

 

また、ホルモン治療により、ホルモンバランスを整えるといった治療法もあります。

まとめ

抗生物質などの薬を使うと治るのは治るのですが、再発しやすいです。

 

これは、鼻ニキビが出来てしまった根本的な解決をしていないからです。

やはり、生活習慣や食生活の見直しをしないと、鼻ニキビが出来なくなるようになりません。

 

また、ついつい鼻を触ってしまうというのは絶対にダメなので気を付けるようにしましょう。

毛穴の詰まりが気になるからと言って、洗いすぎるのもダメです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ