赤ちゃんが鼻づまりで授乳中にむせる!対処法は?

大人でも辛い鼻づまり、これが赤ちゃんだともっと大変です。 鼻が詰まっているため、授乳中も息がしづらくむせてしまいます。

 

どうやったら見ているだけでも辛い赤ちゃんの鼻づまりを改善できるのかその対処法を上げてみたいと思います。

スポンサードリンク

1.鼻水をすいとる

鼻水吸い器という器具があります。 片方の口を赤ちゃんの鼻にあて、反対の吸い口を自分の口に含み、息を吸って赤ちゃんの鼻水を吸い取る器具です。

 

その鼻水吸い器でやさしく吸い取って鼻の通りをよくしてあげます。 ただ、思いっきり吸うと鼻を傷つけてしまいますし、やり過ぎると刺激になってしまうので、注意してください。

スポンサードリンク

 

2.部屋を加湿する

部屋の空気が乾燥すると、鼻の粘膜も乾燥してしまうので鼻詰まりが起こりやすくなります。

 

それに加湿して乾燥を和らげると鼻に詰まっていた鼻くそが柔らかくなって取りやすくなったり、鼻の通りを良くしたりすることが出来ます。

WS001079

 

3.蒸しタオルで温めてあげる

小さめのガーゼなどで蒸しタオルを作り、それで鼻の付け根を温めると通りが良くなります。

 

部屋の加湿と同じで乾燥が緩和されるのと、鼻を温めることで鼻の通りを良くする事が出来ます。

WS001082

 

 

 4.くしゃみをさせる

鼻くそが固まって鼻づまりを起こしている場合があります。 無理に取ることは出来ないので、そういう時は面棒やこよりで鼻の入口を刺激してくしゃみをさせるとその勢いで出てくる事があります。

 

あらかじめ温めて鼻くそが柔らかくなっていると取れやすいので、お風呂あがりや大泣きした後にやると効果的です。

WS001083

 

 

5.母乳点鼻

母乳での育児をしている方のみの方法になりますが、母乳をスポイトなどで赤ちゃんの鼻に入れる方法があります。

 

鼻水を取る時やくしゃみをさせるときに点鼻をすると、赤ちゃんの負担も減り、スムーズにする事が出来ます。 さらに、母乳は血液と同じ成分になり、赤ちゃんに必要な様々な免疫物質が含まれており、抗炎症作用もあると言われています。

 

赤ちゃんの鼻に入れても痛くは無い上、母乳なので万が一飲んだとしても問題の無い安全な方法です。

 

いかがでしたでしょうか。 見ているだけでこちらが辛くなってしまう赤ちゃんの鼻づまり。 これらの方法で少しは改善されると良いですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ