赤ちゃんがいびき!!苦しそうなのは無呼吸に!?原因は?

赤ちゃんがいびきをかいているときには苦しそうに見えるので大丈夫かなと心配になりますよね。

 

放置しておくと無呼吸になってしまったり怖いことがあるのは知っていますか?

 

赤ちゃんのいびきの原因についてまとめてみました。

スポンサードリンク

赤ちゃんのいびきの原因その1 鼻づまり

鼻が詰まってしまうことは赤ちゃんのいびきの大きな原因となってしまいます。

 

鼻が詰まると口呼吸してしまい、舌がノドに落ち込んでしまうため、気道が狭くなってしまうのです。

 

赤ちゃんは鼻の穴がもともと狭く詰まりやすいため、よく起こることです。

 

風邪を引いてしまっているときには鼻水が多くでたり、鼻粘膜が腫れてしまうので鼻が詰まってしまいます。

 

それ以外にいつも鼻が詰まってしまったり、鼻水が出ているのであればアレルギーの可能性があります。

 

アレルギー鼻炎によって鼻づまり⇛いびきというのはかなり増えてきています。鼻がいつも詰まっているようなら注意しましょう。

 

スポンサードリンク

 

赤ちゃんのいびきの原因その2 扁桃肥大

扁桃肥大もまた、赤ちゃんのいびきの原因として多いです。扁桃が肥大してしまっている状態は気道が狭くなるのでいびきをかいてしまいます。

 

鼻づまりが無いのにいびきをかいてしまっているのであれば、咽頭扁桃やアデノイドの可能性があります。

 

この場合には耳鼻咽喉科を受診してみるとすぐに分かります。

 

WS001246

 

赤ちゃんのいびきの原因その3 寝具

赤ちゃんの身体に合わない寝具はいびきの原因となります。

 

高すぎる枕や柔らかすぎる布団は首の角度によって、気道を狭くしてしまうことがあるからです。

 

赤ちゃんの枕はかなり低め、布団は硬めが良いとされています。

WS001248

赤ちゃんのいびきの原因その4 構造的な問題

赤ちゃんのノドの構造はまだ未熟でいびきをかきやすい構造をしているようです。

 

何も問題が無くてもいびきをかいてしまう赤ちゃんは半数ほどいるとされています。

 

WS001252

 

 

 

赤ちゃんのいびきと無呼吸

赤ちゃんがいびきをかいていると思ったら、止まっているときがあるのは注意が必要です。

 

そのときには呼吸をしていないことがあるからです。これを睡眠時無呼吸症候群といいます。

 

呼吸が止まっているため、もちろん息苦しく、眠りが浅くなるために長い時間寝てくれなかったり、昼間にぐずつきやすくなります。

 

そして、脳や心臓に知らず知らずのうちに影響を与えるとされています。無呼吸になってしまう原因の多くは扁桃肥大、アデノイドです。

 

怪しいと思ったら寝ているときに呼吸をしていない時間がないか確認してみましょう。

 

もし、無呼吸のときがあるのであればすぐにでも耳鼻咽喉科へ行きましょう。治療が必要です。

WS001245

赤ちゃんのいびきは問題にならないことは多いです。

 

・眠りが浅い

・苦しそうにしてすぐ起きる

・無呼吸

こんなことがある場合には耳鼻咽喉科へ行くといいでしょう。

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ