赤ちゃんの蓄膿症の原因と対策とは

赤ちゃんにも蓄膿症があるのは知っていますか?赤ちゃんの蓄膿症はかかりやすい病気なんです。

 

いったいその原因はなんなのでしょうか。またどう対策していけばいいのでしょうか。まとめてみました。

スポンサードリンク

赤ちゃんが蓄膿症になりやすい原因

蓄膿症は、赤ちゃんや子供でもかかりやすい病気です。

 

乳幼児がこの病気になる原因は、大人とくらべて鼻の穴と頬の内側の空洞である副鼻腔が近く、風邪やアレルギーによる鼻炎や喉の炎症が副鼻腔へも広がりやすくなっているためです。

 

また、赤ちゃんは非常に免疫力が弱いので、これも原因の一つです。

 

鼻炎などによって鼻汁がたくさん出ると、鼻水がつまってしまい副鼻腔に到り、副鼻腔での炎症となってしまうのです。

 

鼻の構造的な問題と免疫力の弱さが赤ちゃんが蓄膿症になりやすい原因なんです。

 

それでは、どのような対策をすれば、赤ちゃんがこの病気になるのを防ぐことができるのかを確認しましょう。

スポンサードリンク

赤ちゃんの蓄膿症の症状は

赤ちゃんの蓄膿症の症状としては、黄色く粘度の高い鼻汁が何日も出ること、鼻づまりがすること、寝ている間に咳が出ること、鼻の穴からの異臭などが挙げられます。

 

大人と同じように頭痛などの症状もありますが、乳幼児は頭痛を訴えることができませんので、症状として気づくことは難しいでしょう。

 

これらの症状はほとんど風邪の症状と大差がないため、乳幼児の蓄膿症は大人のものよりも風邪と勘違いしやすく、治療の開始が遅くなるということがあります。

 

実際に耳鼻科に行ってみると、この病気になってしまった赤ちゃんが意外といるものです。

WS001251

赤ちゃんの蓄膿症の対策は

このように、かかりやすく悪化しやすい子供の蓄膿症を予防するための対策として、小まめに鼻の掃除をしてあげることが重要です。

 

目に見えて鼻汁が出ていないときでも鼻の奥では鼻汁が分泌されていますから、小まめに鼻汁を取り除いてあげるようにしましょう。

 

とくに風邪を引いてからの鼻水やアレルギーの鼻水から蓄膿症へと進行することが多いためです。

 

また、わかりやすい症状である鼻づまりによってミルクの飲みが悪くなったり、頭痛によって機嫌が悪くなったりと、赤ちゃんなりのサインがあります。

 

ちょっとした症状を見逃さないようにすることで、蓄膿症を悪化させない対策となります。

WS001082

赤ちゃんが蓄膿症になった場合の治療は、原因となっている鼻炎や喉の炎症を抑えるための投薬治療がメインとなります。

 

大人と同様に、副鼻腔の炎症を抑え、鼻汁を柔らかくして排出しやすくする薬などを服用します。また、病院では、鼻からの抗生剤の吸入をしたり鼻汁の吸出しを行ってくれたりします。

 

この鼻汁の吸出しは定期的に行う必要があるため、多くの赤ちゃんが1日置きに耳鼻科に通うことになるようです。

 

自宅で鼻汁の吸出しを行うことも可能で、赤ちゃん用の鼻汁吸入器が販売されています↓↓

電動鼻水吸引器 メルシーポット S-502

 

しかし、使用する際に注意しないと鼻腔を傷付けてしまうこともありますので、病院などではあまりおすすめされていないようです。

 

中々気づきにくい赤ちゃんの蓄膿症。大人にとってもつらい病気ですから、毎日のケアを怠らないようにしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ