鼻炎や花粉症に効果のあるお茶、べにふうきとは?

べにふうきが鼻炎や、花粉症に効果があるって聞いたことはありませんか?いったいこのべにふうきって何なのでしょうか。

 

どんな効果を持っているのでしょうか。

スポンサードリンク

べにふうきとは?

毎年、花粉症に効果があるとしてさまざまな食べ物や飲み物が紹介されますが、近年話題になっているのが「べにふうき茶」です。

 

べにふうきは、日本で初めて紅茶専用の優良品種として開発された「べにほまれ」と、中国系の「ダージリン」とを交配して作られた紅茶用の品種です。

 

べにふうきは元々は紅茶用でしたが、これを緑茶として飲むことで、花粉症や鼻炎に効果があることが発見されたのです。

スポンサードリンク

べにふうきの効果とは?

緑茶には、カテキンという成分が含まれています。カテキンはポリフェノールの一種であり、お茶の渋みや苦味の元となる成分です。

 

カテキンには抗菌作用や消臭作用、抗酸化作用などさまざまな効能があり、これがお茶が体によいとされる理由の一つでもあります。

 

べにふうき茶には、このカテキンの一種であるメチル化カテキンという成分が、他の茶葉よりも豊富に含まれているのです。メチル化カテキンは体への吸収率がとても高く、通常のカテキンの5~6倍と言われています。

 

また、メチル化カテキンには花粉に反応してアレルギーを引き起こすIgE抗体の働きを抑制し、さらに花粉症の症状の直接の原因であるヒスタミンの放出を阻害する働きがあります。

 

このことから、メチル化カテキンは花粉症や鼻炎の症状の抑制に効果があるとして近年注目されるようになりました。

WS001110

数あるお茶の品種の中でも、一般に入手可能な品種の中でこのメチル化カテキンが含まれているのはべにふうきだけです。

 

ただし、普通の紅茶であれば、その製造工程の中で発酵させるという過程があり、これによってメチル化カテキンがなくなってしまいます。

 

そのため、本来の紅茶としてではなく、製造工程に発酵過程のない緑茶として製造することでメチル化カテキンがなくならないべにふうき茶が鼻炎や花粉症に効果のあるお茶として知られるようになったのです。

 

べにふうきの効果的な飲み方

花粉症や鼻炎は、天気や季節によってその症状も変わってきます。

 

通常の鼻炎の薬であれば、症状の酷いときに服用すればすぐに効果を実感することができますが、べにふうきは薬ではないので即効性はありません。

 

つらい症状がないときでも毎日継続して飲み続けることが、べにふうきの効果を最大限発揮するポイントです。

 

また、メチル化カテキンは熱湯で淹れなければ抽出されません。すでにメチル化カテキンが抽出されているパウダータイプであれば特に気にする必要はありませんが、茶葉やティーバッグタイプのものは必ず熱湯で淹れましょう。

 

さらに、煮出すことでより多くのメチル化カテキンが抽出されます。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ