鼻炎に効くハーブティーがあるって本当?何が効く?

鼻炎が軽症のものであれば、薬で治療しなくても、ハーブティーが効いたという人も多いようです。

 

ハーブにはその成分から薬効があり、昔から様々な国で治療薬として用いられてきました。ハーブのあるものを医薬品として認めている国もあります。

 

その中にはもちろん花粉症や鼻炎の症状に効くものもあります。

スポンサードリンク

ハーブが鼻炎に効く

花粉症の原因は、花粉という異物(アレルゲン)が体内に入ったとき、それを排除しようとしてヒスタミンが放出され、涙や鼻水、くしゃみの反応が引き起こされます。

 

ハーブの中には抗ヒスタミン作用や抗アレルギー作用を持つものがあるので、それを飲んで予防や、症状がひどくならないように役立てることができます。

 

それでは花粉症や鼻炎の症状に効くハーブをいくつかご紹介しましょう。

 

ネトル

抗ヒスタミンが含まれていて抗アレルギー作用があるので、花粉症をはじめ喘息などの緩和にも役立ちます。

 

緑茶のような味と香りで比較的飲みやすいですが、ミントやカモミールなど好きなものとブレンドしてもいいでしょう。

 

ただし、妊娠中の女性や子供が飲む場合は、飲みすぎないよう注意が必要です。

スポンサードリンク

エルダーフラワー

発汗作用や利尿作用に優れていて、アメリカでは「インフルエンザの特効薬」といわれてきました。炎症を抑える効果があるので鼻炎に効くのです。

 

ヨーロッパでも昔から、砂糖を加えて子供の風邪薬として使われてきました。温かいエルダーフラワーティーは、血液の循環をよくし、発汗を促し、体内の毒素を排出するのに役立ちます。

 

花粉症や風邪の引き初めに効果を発揮します。

 

鼻やのどが痛むときは、エルダーフラワーティーでうがいをしても効き目があります。マスカットに似た甘い香りを持ち、優しい味わいです。

 

エキナセア

北アメリカの先住民によって、古くから万能薬として大切にされてきました。

 

免疫を活性化させる作用や抗感染症作用、抗ウイルス作用があり、風邪やインフルエンザなど、あらゆる感染症の予防や治療に効果があるとされています。

 

キク科の植物にアレルギーのある人は注意が必要です。

 

ハーブティーの飲み方

一度に多くの量を飲むよりも、1日に2~3杯を目安に飲んでみましょう。アマゾンや楽天でいろいろな種類のハーブティーが販売されているので、好みのものを選んでいきましょう。

 

飲むタイミングも、食事時やティータイムになど、飲みやすい時に飲むことから始めるとよいかもしれません。

 

分量は、ティーカップ1杯分に対してティースプーン1杯(5グラム)が目安です。ポットに分量のハーブを入れ、沸騰した後少し置いたお湯を注ぎ、ふたをして3~5分でカップに注ぎます。

 

熱いハーブティーの蒸気を鼻から吸い込み、香りを楽しみながら飲むとさらに効果が高まります。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ