鼻づまりが改善できるブリーズライトのメカニズムと効果とは?

花粉症や風邪による鼻づまりやいびきを緩和する鼻孔拡張テープを知っていますか?

 

よくサッカー選手やマラソン選手試合中に鼻に細い絆創膏のようなものを貼っているのをみかけます。あれが鼻孔拡張テープです。

 

代表的な商品にブリーズライトがありますが、どんなメカニズムで鼻孔を広げ、どんな効果が期待できるのでしょうか?鼻づまりやいびきなどでお悩みの方必見です。

スポンサードリンク

ブリーズライトのメカニズム

ブリーズライトはグラクソ・スミスクライン社が発売している鼻孔拡張テープです。

 

鼻孔拡張テープとは、風邪や花粉症、アレルギー鼻炎などで鼻水が頻繁に出ることで炎症を起こし腫れている鼻腔内に空気の通り道を作ることができます。

 

すると鼻で呼吸をするのが楽になり、口が自然に閉まってさらに鼻呼吸が改善されます。そうすることで鼻呼吸が楽にできるだけでなく、いびきを減少させることができるのです。

 

ブリーズライトのメカニズムはプラスチックバーの反発力を利用して鼻腔を無理なく優しく広げます。薬剤を一切使用していないので子供や薬が飲めない人でも安心して使用できます。

スポンサードリンク

ブリーズライトの効果

ブリーズライトによって鼻腔を広げることで、鼻での呼吸が容易になり口呼吸を防ぐことができます。

 

ブリーズライトは貼るだけで通気率が31%もアップさせることが出来るのです。その結果いびきを改善し、深く呼吸できるので熟睡できるようになります。

 

鼻づまりがひどくて授業や仕事に集中できない、常に頭が重いという症状に対する効果が期待できるので慢性的に悩んでいる方は試してみる価値があります。

 

鼻の高さにかかわらず使え、顔を洗って汚れを落とした後に使えば寝ているうちにテープがはがれることもありません。

効果が感じられない時には

ブリーズライトを使用して様々な効果を実感する人が多い中で、効果が実感できないと考える人もいます。

 

なぜでしょうか?2つの理由が考えられます。

 

まず一つ目の理由は貼る位置が適切でないことです。ブリーズライトは鼻腔を広げて鼻づまりやイビキを解消するという商品なので、しっかり鼻腔を広げられる場所に貼る必要があります。

 

ベストポジションに貼らなければ本来の効果を得られません。横になったまま何度か試してみて、ちょうどよい位置をみつけましょう。

 

そして二つ目の理由は乳液やクリームなどをつけてすぐ貼ることで滑りやすくなりポイントがずれてしまうということです。正しい位置に貼ることで本来の効果を発揮できるのです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ