鼻がむずむずする!?ドライノーズの症状と原因とは

ドライノーズって聞いたことありませんか?鼻がむずむずしているのが治らないのであれば、ドライノーズかもしれません。

 

ドライノーズって一体どんな状態なんでしょうか。症状と原因は何なのでしょうか。

スポンサードリンク

ドライノーズの問題は?

何となく鼻がヒリヒリする、鼻をかんでも鼻水が出ないけど鼻に違和感がある、そんな方はドライノーズかも知れません。

 

ドライノーズとは、その名の通り鼻の中の粘膜が乾燥した状態のことを指します。この状態になると、色々と厄介なことがあります。

 

ドライノーズになっていると感染症にかかりやすくなるということです。代表的な感染症と言えば、風邪やインフルエンザでしょう。鼻の粘膜には、侵入したウイルスをキャッチして、それ以上体内に侵入させないという働きがあります。

 

キャッチしたウイルスを体外に排出するために鼻水を出したりくしゃみを出したりするのも、鼻の粘膜の大切な働きです。

 

そのため、鼻の粘膜が乾いた状態が続くと、それらの防衛機能が果たされなくなってしまい、ウイルスが体の奥にまで入ってきてしまうのです。そうすると、風邪の悪化やインフルエンザにかかりやすくなってしまいます。

スポンサードリンク

ドライノーズの症状は

ドライノーズの主な症状を紹介しますので、当てはまらないかどうかをチェックしてみましょう。まず、鼻がムズムズして鼻をかみたくなるのに、鼻水が出ないというものです。

 

鼻の粘膜が乾いていますから鼻水が出なくても当然ですが、乾燥によって鼻の奥に違和感を覚えるので何度も鼻をかみたくなるのです。

 

次に、鼻がヒリヒリ痛むことがあります。乾燥により、粘膜が炎症を起こしてしまっている可能性があるのです。また、鼻血が出たり鼻の奥にかさぶたができるという症状もあります。

 

また、鼻くそがたくさん出来るという症状も出ることがあります。

 

ドライノーズの原因は

ドライノーズを発症する主な原因は、乾燥にあります。そして鼻の粘膜が乾燥する原因はいくつかあります。

 

乾燥した空気が原因

寒い季節に暖房をつけっぱなしにした部屋にいたり、クーラーの効き過ぎた部屋も乾燥しているおり、こういった場所にずっといることで身体の中の水分が逃げていきます。

 

これは鼻の粘膜も乾燥してしまうため、乾燥した部屋に長時間い続けるとドライノーズの原因となってしまうのです。

 

点鼻薬が原因

また、点鼻薬の使い過ぎも鼻の乾燥を引き起こす原因となります。点鼻薬の効果は血管を収縮させて、鼻の粘膜の炎症や鼻水を抑えるものです。

 

鼻水を抑えるという効果は強力なので、粘膜の潤いを奪ってしまうのです。鼻づまりなどで点鼻薬を常用しているという方は注意が必要でしょう。

 

点鼻薬には依存性があり、使わなければイライラしたりすることがあるのは知っていますか↓↓

点鼻薬をやめたいのにやめられないのは>>

水分不足が原因

あまり水分を摂らないというのも原因になってしまいます。体の水分の不足は、全身の粘膜の乾燥の原因となってしまい、体そのものの免疫力の低下に繋がってしまいます。

 

乾燥が気になる時期こそ、白湯や水などでしっかり水分を補給することが重要です。

 

コーヒーやお茶などは利尿作用があるので、水分として飲んでいても、体に吸収される量が少なく排泄される量が多くなってしまいますから、飲み過ぎには気をつけるべきでしょう。

 

ドライノーズの症状が見られたら、適切な対処をして乾燥を防ぐようにしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ