鼻づまりを解消するときに温める?冷やす?どっちがいい!?

鼻づまりがひどいけれど、病院に行く時間がないってことよくありますよね。自宅でできる対策として、鼻づまりを解消したい場合には温かいタオルで温めるのがいいのでしょうか。

 

それとも冷たいタオルで冷やすのがいいのでしょうか。どちらがいいのか調べてみました。

スポンサードリンク

鼻づまりを解消するときには温めるのと冷やすのかどっちがいいのか

鼻に炎症が起きていて、痛みを伴う鼻づまりの時は温めない方が良い場合もありますが、鼻の通りを良くするには基本的には温めることで効果が出やすいようです。

 

しかし、どうして鼻づまりになっているのかということによって効果が違うようです。温めてみてダメなら冷やすことを試すという感じでやってみるのが良いようです。つまりどちらも効果があるということです。

スポンサードリンク

鼻づまりのときに温めるとどうなる

鼻づまりが、鼻の血行が悪くなることによって起こされているタイプの場合、温めることの効果が高いです。鼻の周りを温めることで鼻の粘膜の血の巡りが良くなって、鼻水が柔らかくなって出やすくなります。

 

その結果、鼻づまりが解消されます。鼻を温めることがどうして鼻づまり解消につながるのかということは実は完全に解明されていないようです。

 

しかし温めると鼻の血流改善を改善したり、なんらかの化学物質が出て鼻炎症状を起こす細胞の力を弱める、湯気が鼻の中の掃除をしてくれるということが鼻づまりの解消法になると言われています。

WS000928

鼻づまりのときに冷やすとどうなる

血管が広がって鼻づまりが起こるときは、その血管を狭くするために冷やすことによって鼻づまりが解消されます。冷やすことによって鼻の粘膜が腫れている状態を和ませる効果もがあります。

 

効果があるタイプの鼻づまりは風邪が原因の鼻づまりに多いようです。

WS000943

まとめ

冷やすことも温めることも両方効果があるとは驚きでした。原因によっても効果が変わるようなのでもし原因がわからないならば両方試してみましょう。

 

それでもなかなか治らない場合には病院に早期に行くことをお勧めします。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ