鼻づまりで顔が痛い?熱い?その原因とは!?

辛い鼻づまり。 鼻づまりが起こる症状は色々あります。 くしゃみや鼻水が止まらない、目がかゆいなど。 その中で顔が痛くなったり、熱く感じたりすることは無いでしょうか。

 

ただえさえ辛い症状なのに余計に辛くなりますよね。 では、なぜ痛くなったり、熱くなったりするのでしょうか?

スポンサードリンク

 

1、副鼻腔炎

 

頬や前頭部が痛む時は副鼻腔炎の可能性があります。 顔の骨の内側には副鼻腔といわれる空洞があります。 副鼻腔と鼻は細い通路でつながっています。

 

副鼻腔炎は風邪やウイルスが鼻から副鼻腔に侵入した時、歯や歯茎の調子が悪く細菌が歯根から副鼻腔に侵入した時、副鼻腔の粘膜にアレルギーが起こった時に起きます。

 

副鼻腔炎になると頬や前頭部が痛み、黄色い鼻水が出ます。 鼻づまりや鼻水が喉に流れ落ちる後鼻漏にもなることがあります。

スポンサードリンク

2、鼻前庭炎

鼻の入口付近が痛い場合は鼻前庭炎の可能性があります。 鼻前庭炎は鼻の入口を指などでいじったり、何度も鼻をかんだり、鼻毛を抜いたりすることで起こる炎症です。

 

鼻前庭炎はひりひりする程度の痛みです。 しかし更に分泌腺や毛穴に細菌が感染し「鼻せつ」と呼ばれる症状までいってしまうと、鼻が腫れ、かなりの痛みを生じます。

 

あまりに鼻が腫れると鼻詰まりが起こる事もあります。

WS000939

3、蓄膿症

 

蓄膿症は上の副鼻腔炎が慢性化したものを言います。 症状としては、副鼻腔炎と同じように鼻水が出たり、鼻づまりが起こったり、くしゃみが出ます。

 

そして顔に痛みが出て、頭が重くなり頭痛がします。

WS000931

 

まとめ

どの症状にも言えるのですが、鼻水やくしゃみの辛さで顔がほてる事があります。 しかし、どれも風邪とは違い発熱はしないので、これらの症状で熱が出る事はありません。

 

ただ、ほてるために熱くなっていると感じる事があります。 熱いと感じるのは顔がほてるからの様ですね。 痛いのは痛いと感じる場所によって原因も処置も変わってくるので、なにが原因かよく確かめましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ