鼻水の色が変わる意味は?黄色・緑色・透明の時は何が起こってる?

ちょっとした気温の変化や、環境の変化によって出てくるのが鼻水ですよね。

 

一言に鼻水と言っても、鼻水には透明でさらさらしたものから黄色や緑色でドロドロした鼻水までたくさんの鼻水があります。

 

どうして色が変わるのでしょうか?その意味とは?まとめてみました。

スポンサードリンク

鼻水が透明な色のときは?

熱いものを食べたときに透明のさらさらとした鼻水が出てきた経験はありませんか?

 

透明のさらさらとした鼻水が出るときはいたって健康である証拠なんです。

 

私たちの鼻水は成人で一日に1.5リットルほどもの量が分泌されていますが、健康な人はその鼻水は知らず知らずのうちに喉に流れて飲み込んでしまっています。

WS000934

たまに痰が絡んでエヘンとする時もありますよね?

 

それは鼻水を上手に飲み込めなかった時に出てきます。

 

この透明の鼻水は身体が乾燥しないように乾いた空気を加湿して体内に取り込んでくれます。

 

また、大気中のウィルスや細菌が身体に入ってしまわないようにキャッチしてくれる役目を担ってくれています。

 

細菌やゴミなどの異物が身体の中に入らないように頑張ってくれているのが透明な鼻水です。

 

スポンサードリンク

黄色い鼻水が出る意味は?

ウィルスや細菌・ダニや花粉等のハウスダストが身体に入ってしまうと、今度は体の抵抗が始まります。

 

鼻の中で細菌と戦ってくれるのは、白血球です。

 

これ以上ウィルスが身体の中に入らないように白血球と、身体を蝕もうと頑張る白血球が鼻の中で激しい戦いを行います。

 

そうすると、今まで透明だったはずの鼻水は少し色がつくようになります。

WS000967

ウィルスvs白血球で、白血球がウィルスに勝っている場合、激しい戦いで傷つきなくなってしまったウィルスと白血球は共に体外へ流れてきます。

 

この時の鼻水の色は黄色でネバネバした粘着性を帯びています。黄色い鼻水が出ている時はウィルスと白血球の死骸(膿)ということになります。

 

風邪の弾き始めや、治りかけの時によく出てくると思います。

 

緑色の鼻水が出る意味は?

白血球が頑張っているのにも関わらず、ウィルスが勢力を増してしまい、白血球が負けている時。

 

すなわち風邪が悪化してしまったときは膿が多いので緑色でドロドロした鼻水が出ます。

 

また、風邪をひいて放置をしていると鼻水という膿はたくさん作られ副鼻腔炎という病気を招いてしまう原因になります。

WS000944

この副鼻腔炎が慢性化してしまうと、慢性副鼻腔炎(蓄膿症)になってしまいます。

 

蓄膿症になると、短期間で治すことが難しくなるので、しばらく病院へと通う事態へと発展してしまうので、慢性化する前に治す必要があります。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ