鼻水と温度差の関係は?寒暖差アレルギーって?

風邪をひいてもいないし、花粉症などのアレルギーでもないのに鼻水が突然出てくるということがありませんか。

 

それはもしかしたら気温や室温の温度差が大きいとアレルギー反応を示す、「寒暖差アレルギー」の可能性があります。

スポンサードリンク

寒暖差アレルギーのメカニズムとは?

寒暖差アレルギーとは、その名の通り、急激な寒暖の差によってアレルギー反応を引き起こす病気です。

 

この季節、寒い屋外から暖かい室内に入ったときに、鼻水が多量に出て来たり咳が止まらなくなったりするということはありませんか?

 

その逆に暑い時期にクーラーの効いた涼しい部屋から灼熱の屋外に移動したときにも、鼻水が出たりすることはありませんか?それは、寒暖差アレルギーの症状である可能性があります。

 

人間の体は、温度差に対応するために自律神経という神経系を働かせています。

 

自律神経とは体の機能をコントロールしているもので、寒いときには体温を下げないように血管を縮めて、熱を身体から逃がさないようにしています。

 

逆に暑いときには体温を上げないように血管を広げて、熱を身体から逃がそうとしています。こうやって身体は暑い寒いという状態に対応しているのです。

 

この自律神経が正常に働ける温度差の目安は約7度と言われており、これを超えた温度差を体感すると、身体が混乱してしまい、自律神経バランスが崩れてアレルギー反応が出てしまうのです。

 

例えば、気温が4度の屋外から、室温が22度の屋内に移動したとします。その温度差は18度ありますから、アレルギーの症状として、目がかゆくなったり鼻水や咳が止まらなくなったりしてしまうのです。

 

これが寒暖差アレルギーのメカニズムであると言われています。

スポンサードリンク

寒暖差アレルギーを解消するには

寒暖差アレルギーの対策をするには、温度差を小さくすることが一番です。

 

寒い時期に屋外に出るときには、太い血管が通っている首などをマフラーで暖めるようにして、室温との暖かさの差を極力感じないようにしましょう。

 

また、夏は冷房が効いている場所が多いですから、上着を一枚持ち歩いて、肌寒いときにはそれを羽織るなどすれば、風邪の予防になるだけでなく寒暖差アレルギーの症状を出しにくくすることができます。

 

 

そして根本的に寒暖差アレルギーを解決したいという方は、自律神経を強くする必要があります。

 

自律神経の強化は体質改善に繋がっていきますから、規則的な生活習慣、バランスのとれた十分な食事、適度な運動を心掛けることが必要になってきます。

 

睡眠不足や、必要な栄養素の不足、過度なストレスは自律神経のバランスが崩れる最も大きな要因であると言われています。

 

十分な休息と気分転換で自律神経を強化すれば、寒暖差アレルギーの症状を緩和することが出来るでしょう。

 

風邪でもアレルギーでもないのにズルズルと鼻水が出続けるという方は、寒暖差アレルギー、ひいては自律神経の乱れを疑うと、適切に対処できるかも知れません。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ