鼻水が止まらない!止め方はどうする?

仕事中や勉強中に鼻水が止まらないと、集中力が続きませんよね。

 

夜寝る時もなんだかぐっすり眠ることが出来ずに、常にぼーっとしてしまっている自分がいます。

 

こんな厄介な鼻水を止めたい!今日はそんな鼻水の止め方をご紹介します。

 

スポンサードリンク

1.ペットボトル

お家に500mlのペットボトルが転がっていませんか?

 

飲み干したペットボトルをゴミに出す前に出来れば二つとっておきます。ペットボトルに水を三分の二ほど入れます。

 

横になり、このペットボトルを脇に挟みます。たったこれだけで鼻の中の血管を収縮させることが出来るので、鼻の通りがよくなります。

 

また、片方だけが詰まっている場合は、詰まっている鼻とは反対側の脇でペットボトルを挟みます。

 

スポンサードリンク

 

2.蒸タオル

お風呂に入った時にすーっと鼻の通りが良くなることありますよね。

 

温かい蒸気が鼻の中を通ると、鼻の中が暖められて鼻水が納まります。蒸しタオルを鼻の入り口に当てて蒸気を吸ってみましょう。

 

それで、鼻の通りがあまり良くならないようでしたら、次に目と目の間、眉間の上に温めなおしたタオルを当てます。

 

WS001110

 

そうすることで血管が広がり、鼻の通りがよくなるはずです。注意してほしい点は二つ。

 

タオルが冷めないうちに取るか、温めなおしてください。冷えてしまっては逆効果になってしまいます。

 

次に、温めて当てたときに火傷しないように気を付けて下さい。

 

3.首

身体の冷えは万病の素と言われるくらい、冷えも鼻水を招いてしまう原因の一つなんです。

 

特に冷やしてはいけない所が首です。今はファッションの一つ、オフショルダー等も流行っている通り、首回りを出した服が四季問わずに見られるようになってきました。

 

若い人の中には「ファッションは我慢」という格言もあるくらいみたいです。

 

WS001061

 

鼻水が止まらないなと感じたら普段の格好も気にしてみるものいいかもしれないですね。

 

首を温めるにはマフラーや、ネックウォーマーがおススメですが、どうしても暑い!と我慢できない時はドライヤーをうなじにそって当ててみましょう。

 

うなじ付近には身体を温めるツボが密集しているため、ドライヤーの熱で刺激され、身体がポカポカしてきます。と、同時に鼻水も解消されていくでしょう。こちらは即効性抜群です。

 

また、会社にはドライヤーがありませんよね。そんな時は軽くストレッチをしましょう。

 

休憩時間に身体を軽く動かすことで気分もリフレッシュし、身体も温められ、鼻の通りがよくなります。

WS000992

 

4.水

お水をスプーン一匙口に含んで少し待ちます。しばらく口に含んでいると段々鼻水が口の中に溜まっていきます。

 

そして鼻水が納まっていくのが分かると思います。最後はこの口の中に溜まったものをごっくんと飲みます。

 

普段私たちの鼻水は鼻から口に流れ咽を通って飲み込んでしまっているので、このお水が鼻水を咽に誘導する役割をしてくれるんだそうです。

 

口に含んでいるため、生暖かく唾液と混ざってしまうので、飲み込むのには少し抵抗がある方もいらっしゃるかもしれませんが、これは会社でもどこでも出来る方法ですので、ぜひお試しください。

 WS000966

5.呼吸

呼吸の流れを意識的に変えることで不思議なことに、鼻水が止まることがあります。

 

1.深く息を吸い、深呼吸をします。

 

2.息を口からゆっくり最後まで吐ききり、息をとめて鼻をつまみます。

 

3.頭を2秒かけて上下にゆっくり動かす。

 

4.息が苦しくなるまで続けます。

 

5.限界だな…と言うところで鼻をつまんでいた手を放して、息を吸います。

 

たったこれだけで鼻水を解消することが出来るので、だまされたと思ってやってみて下さい。

 WS000965

6.ツボ

晴明

目が疲れたときに目の間の鼻の所をつまんでしまう…なんてことありますよね。

 

その眼がしらの所と、鼻の付け根の骨との間に位置するツボです。

 

指の腹で押し込むようにゆっくり刺激を与えて下さい。

 

迎香

鼻には膨らみがありますよね。そのふくらみの上下の根本にある所が迎香と呼ばれるツボです。これは強く刺激します。

 

巨りょう

頬骨の一番高い所の真下で、鼻の左右に位置する巨りょう。指の腹で強めに押します。

 

大椎

手を後ろ首に当て、触った状態で首を前に倒し、首を左右に振ります。

 

その時に動く骨があるのが分かると思います。その動く骨とその下にあるくぼみが大椎です。

 

これは弱い力で長く押します。

 

いかがでしたか?鼻水を止める方法はいくつかありますが、簡単なものもあるので試してください。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ