子供にいつから鼻をかむことを教える?教え方は?

鼻をかむのが苦手な子供は多いものです。上手に鼻をかむことができないと中耳炎の原因にもなります。

 

ぜひ、お子さんに正しく鼻をかむ方法を教えましょう。いつから教えればよいのか、教え方はどうすればよいのかまとめてみました。

スポンサードリンク

鼻をかむのをいつから教える?

赤ちゃんの頃は、お父さんやお母さんが鼻水吸引機で吸い取ってあげることができても、大きくなってくると自分で鼻をかむ方法を教えなければいけません。

 

いつから教え始めるべきか悩む親も多いでしょう。3歳くらいまではなかなか自分でかむことは難しいです。

 

ですが、教え始めるには早ければ早い方がよいのです。遊び感覚で気長に教えていきましょう。

 

4歳になっても鼻をかめない子供は意外と多いですから、2、3歳になったら教え始めていきましょう。

 

スタートが早ければ、すぐにできなくても、他のお子さんと比べてイライラするようなことをせずに済みます。

スポンサードリンク

鼻をかむことの教え方は?

まずは口から息を出す方法を教えましょう。

 

ロウソクを吹き消す要領で、ティッシュを顔の前にかざしてフーッと息を吹きかけて揺らしてみましょう。お母さんも一緒に楽しんで行うのがコツです。

 

次に鼻から息を出す練習をします。

 

同じ要領で今度は鼻からフンッと息を出します。ティッシュが揺れたら褒めてください。

 

鼻から息を出すのは難しいので、ときどき練習するとよいでしょう。

鼻から息を出せるようになったら、鼻からティッシュを飛ばす練習をしてください。ティッシュを丸めて、軽く鼻の穴に入れましょう。

 

どちらが遠くまで飛ばせるかゲーム感覚で行うと良いでしょう。片方ずつ練習してください。

 

片方ずつ飛ばせるようになったら、いよいよ鼻をかんでみましょう。

 

子供は親のまねをしたがるので、まずはお手本を見せて子供がまねをしたがるようにしましょう。

 

「お鼻チーンするよ」と声をかけて、子供の前で鼻をかむ姿を見せてあげると効果的です。

 

すぐにできる子供はいないので焦る必要はありません。あまり何度も続けると鼻の下がヒリヒリしてかえって嫌がるので練習はほどほどにしましょう。

子供が鼻をかめないときは

いくら教えても鼻をかむことができない場合はどうしたらよいのでしょう。教え方が悪いのか、と悩む必要はありません。

 

鼻水をすすっていると、耳の奥に鼻水が入って中耳炎にかかったり、細菌が鼻の奥に入って症状を悪化させることがあります。

 

特に小さな子どもは、鼻と耳をつなぐ菅が短くて角度がなだらかなので、副鼻腔炎や中耳炎になりやすいのです。

 

子供が鼻をかんだ後、仕上げに大人が鼻水を吸引してあげるようにするとよいでしょう。鼻をすするとどんなことが起こるのか>>

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ