ハウスダストによる鼻炎の対処と予防法

ハウスダストは鼻炎の大きな原因の1つです。ハウスダストはどこにでも存在しているので、なかなた対処が難しいものです。

 

どうやって対処と予防していけばいいのでしょうか。

スポンサードリンク

ハウスダストが原因の鼻炎

鼻炎の原因は、花粉やウィルス、細菌などさまざまです。その原因の一つに、ハウスダストがあります。

 

ハウスダストとは、家の中のチリや埃の中でも特に1mm以下の肉眼では確認できないほど小さなもののことをさします。

 

ハウスダストには布団やじゅうたんなどに潜むダニや、人やペットの毛、虫の死骸やフン、室内の空気中のカビや細菌、室内に侵入した花粉、タバコの煙などさまざまなものがあります。

WS000920

ハウスダストは非常に小さくて軽いため、空気中に舞い上がって人の体内に吸収されやすく、それによってアレルギー症状やぜんそくなどを引き起こします。

 

ハウスダストが体内に侵入し、鼻の粘膜に付くと炎症を起こして発作のようなくしゃみや水のような鼻水、鼻づまりなどのアレルギー性鼻炎の症状を発症します。

 

花粉と異なり、ハウスダストは除去したり、発生を防ぐ工夫をしない限り季節を問わず一年中存在しているものです。

 

ハウスダストが原因の場合には、ハウスダストのある室内にいる限り、一年中鼻炎の症状に悩まされることになるのです。

スポンサードリンク

ハウスダストによる鼻炎の対処法

ハウスダストによる鼻炎の症状が表れたら、まずは部屋の掃除をしてカビやダニ、埃をしっかりと取り除きましょう。

 

こんなの当たり前と言えることかもしれませんが、アレルギーの元となるハウスダストが無くならない限りは鼻炎の症状は治まることはありません。

 

ハウスダストを除去するためには、目に見える場所だけを掃除してもダメです。棚の裏側、下側など普段は掃除できないような、ホコリが溜まっているところも徹底的に行わなければならないのです。

WS000927

また、室温や湿度を調整してカビの発生、ダニの繁殖を防ぐことも大切です。

 

症状が治まらなければ、アレルギー症状を引き起こすヒスタミンの働きを抑えたり、粘膜の炎症を抑える働きのある市販薬で症状を緩和することができます。

 

眠れなかったり呼吸が困難になるなど、日常生活に支障を来たすほど酷い鼻炎の症状がある場合には、耳鼻咽喉科やアレルギー科を受診しましょう。

 

また、アレルギー症状が出ることを抑えるために、体質改善していくという方法もあります⇒⇒鼻炎をお茶で治した方法!

ハウスダストによる鼻炎を予防するには

今はアレルギーがなくとも、今後いつハウスダストに対するアレルギーを発症するか分かりません。

 

これを防ぐためには、当たり前ですが、日常生活でしっかりとハウスダストを除去することが大切です。こまめな掃除や洗濯はもちろん、ダニの発生を防ぐために室温や湿度の調整も重要です。

 

ダニは高温多湿を好み、室温25度、湿度75%のときに最も増殖します。これより低い室温と湿度を保つようにしましょう。

 

特に押入れやタンス、シューズボックスなど通気が悪く湿度が高くなりやすい場所は、時々風を通したり除湿剤などを使って湿気を取り除くようにしましょう。

 

ペットを飼育している場合は定期的にシャンプーをして、抜け毛落ちやダニの発生を防ぎます。

 

また、外出先から帰ったときには家に入る前にしっかしと花粉を払い落とし、室内に花粉を持ち込まないようにしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ