冬になると決まって鼻炎になる?どんな病気?

毎年冬になると決まって鼻炎になるという人がいます。風邪でもアレルギー性鼻炎でもないのに、くしゃみや鼻づまりが起こって何事にもなかなか集中できない、という人もいます。

 

もしかしたら、寒暖差アレルギー(寒冷アレルギーともいう)かもしれません。寒暖差アレルギーとは、寒暖の差に反応して鼻炎の症状が出ることをいいます。

スポンサードリンク

アレルギーと名が付いていますが、アレルギー反応を引き起こす抗原(アレルゲン)が原因の症状ではありません。

 

医学的には、血管運動性鼻炎といい、原因ははっきりとは分かっていませんが、鼻粘膜の自律神経が周りの環境に過敏に反応して、あるいは働きが乱れて症状が起きると考えられています。

スポンサードリンク

周りの環境の変化、特に寒・暖の変化が引き金になって発症することが多いようです。

 

たとえば季節の変わり目など、昨日は冷たい北風が吹いていたのに今日は上着を着ていたら暑いというような時、くしゃみ・鼻水の症状が出る。

 

または、朝暖かい布団から出た直後、鼻水・鼻づまりが始まり、しばらくして周りの温度に慣れてきたら治まってくる。

 

寒い戸外から暖房の利いた部屋に入った時、なぜか鼻がつまる。

 

逆に、夏暑いところから冷房の効いた部屋に入るとくしゃみが出る、といった具合です。

 

気温の変化によって起こるため、必ずしも冬だけに出る症状ではありません。

WS001110

はっきりと原因を特定できないことが多いため、病院での治療は、薬で対症療法を行ない鼻炎の症状を和らげる治療が基本です。

 

点鼻スプレーで薬を噴霧し鼻の粘膜の炎症を抑えたり、毛細血管を収縮させて鼻づまりを緩和します。

 

薬をできるだけ使いたくないということであれば、漢方で様子を見てみるという選択肢もあります。しかし日常的にいくつかの点を気をつけて、症状を和らげることもできるかもしれません。

 

自律神経は通常は周りの温度差に合わせて体温を調節し適応していますが、急激な寒暖の差があると、自律神経が対応できなくなることがあります。

 

自律神経と鼻水の原因って??

WS001061

それで鼻炎の症状が起きるわけですが、その原理が分かっていれば、対処は可能です。アレルギー性鼻炎よりも対処しやすいといえるかもしれません。

 

できるだけ急激な温度変化のあるような場所を避けることができます。寒い戸外に出るのであれば、マスクの着用によって、冷たい空気が直接鼻の粘膜を刺激することがないようにできます。

 

鼻の上に温めたタオルを当てると少し楽になる場合もあります。

 

十分な睡眠、バランスの取れた食事、適度な運動、ストレスを溜めないようにすることなども自律神経が正常に働く上で大切な要素です。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ