冬の花粉症の症状と対策!原因は何なの?

寒い季節になっても何となく鼻がむずむずする、目がかゆい時があるという方もいるのではないでしょうか。そんな場合は冬の花粉症かも知れません。

 

実は、冬季にも飛散している花粉は少なからずあるのです。冬の花粉症の症状と対策はどうすればいいのか、原因はどんなものがあるのかまとめてみました。

スポンサードリンク

冬の花粉症の症状

症状としては、サラサラ透明の鼻水、連続したくしゃみ、目のかゆみ、喉がかゆいなど一般的な花粉症の症状が出てきます。天気が良い日や風が強い日に症状が強く出たり、雨の日は症状が治まったりするのであれば、花粉症の可能性が高くなります。

 

また、外出したときほど症状が強く出るというのも花粉症の疑いがあります。

 

冬の花粉症の対策

冬の花粉症の対策としては基本的に春でも秋でも花粉症と同じです。

 

花粉をなるべく体内に取り込んだりしないように、マスクやメガネをする。

家に帰った時には服の花粉をはらってから入る。

アレルギーの薬を飲む

 

などがあります。これはその時の一時しのぎににはなりますが、花粉症はアレルギーなので治してしまうには根気が必要です。まずは食べ物などに気を使ってみてはどうでしょうか。

 

花粉症を改善する食事とは

 

花粉症を悪化させてしまう食べ物とは

スポンサードリンク

冬の花粉症の原因

冬の花粉症の原因となる花粉はどれもピークではありませんが、少しは飛散しているものです。そのため秋や春ほどの症状の強さは出ませんが、さらさらの鼻水が止まらないなんてことがあれば、花粉症を疑ってみてもいいでしょう。

 

冬にも飛散している花粉はどんなものがあるのか紹介していきます。

スギ花粉

原因として考えられるものは、スギ花粉です。スギ花粉の飛散のピークは2~4月頃ですが、僅かながらも11~1月にかけても花粉が飛んでいるのです。

 

特に北海道では飛散が多く、風が強い日などは飛散量が増えてしまいます。

 

ハンノキ

その他の原因としては、ハンノキ花粉が考えられます。ハンノキという植物が花粉を飛ばすピークの時期は3~4月ですが、1月頃から少しずつ花粉の飛散が始まります。

 

北海道以外の地域では、冬の時期から花粉が飛んでいるので、これに反応してアレルギーの症状が出ているという可能性があります。

 

ヒノキ

春の花粉症の原因として有名なヒノキ花粉も、寒い時期に僅かですが飛散しています。

 

飛散が始まる時期は1月の終わり頃なので、これくらいからくしゃみや鼻水などの症状が出始めた場合、ヒノキ花粉へのアレルギー反応であると考えられます。

 

イネ科

関西の地方では、1月頃からイネ科の花粉が飛散しています。また、東北・関東・九州地方では12月から花粉が飛び始める可能性もあります。

 

イネ科の植物のなかには、カモガヤ・ホソムギ・スズメノテッポウなどがあり、田んぼの近くや土手などに群生している場合があります。

 

これらの花粉が飛散する範囲は広くはありませんが、風の強い日などには遠くにまで花粉が飛んで来るということも有り得ます。

 

ブタクサ

ブタクサ花粉での花粉症の方は秋にその症状が見られますが、関東地方では12月まで花粉が飛散しているということもあります。

 

気候や場所などによっても、冬季までブタクサ花粉が残っているところもありますので、関東以外の地域でもこの植物が原因で症状が見られるという方もいるでしょう。

 

ヨモギ

主に秋の花粉症の原因となるヨモギ花粉も、僅かですが冬の花粉症をもたらすものです。

 

関東地方でのみ、12月の中頃にも花粉が飛散している場合があります。ピークは9~10月ですので、飛散量はごくわずかです。

 

しかし、ヨモギ花粉に対して敏感なアレルギーを持っている方はくしゃみや目のかゆみなどの症状が出る場合もあるでしょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ