いびきを対策!うつ伏せ?枕?かかない方法とは?

いびきをなんとしても、かかないようにしたい!

 

うつ伏せで寝るのが効果的?枕を変えるのがいい??

 

いびきをかかない方法があるのかまとめてみました。

スポンサードリンク

いびき対策その1 うつ伏せ

寝るときに仰向けで寝ることはいびきをかきやすい状態になっています。

 

仰向けで寝ると舌がノドに落ち込んでしまい、気道(空気が通る道)を狭くしてしまうのです。

 

空気の流れが狭い場所を通るときの振動がいびきです。つまり気道が狭いことがいびきをかく状態です。

 

つまり、うつ伏せや横向きで寝ることはいびきをかかない方法として有効なんです。

 

うつ伏せで寝ることはいびき対策としては良いのですが、腰痛がある場合には注意しましょう。

 

スポンサードリンク

いびき対策その2 枕

 いびきをかく原因のひとつが枕にあります。高さが合わない場合には首を圧迫して、気道が狭くなってしまうからです。

 

枕は高めが好き、低めが好きというのは個人差がありますが、本当に自分に合った枕が使えているかはわかりません。

 

自分に合った枕をオーダーメイドする方法もありますが、いびき対策として作られた枕もあります。

 

気道を狭くしないように設計されており、いびきをかかない方法として有効です。

 

【たった30秒!いびき対策専用枕!】

↑↑値段は安くありませんが、お試し期間があり、返金保証もしているみたいです。

 

いびき対策その3 サプリメント

いびきに困っている人は多く、男性なら4割以上の人がいびきをかいています。

 

さらに年齢を重ねると、いびきをかく人の数は増えていきます。そんないびきの悩みに対応したサプリメントがあります。

 

薬局などで売られているので探してみるといいでしょう。

WS000970

いびき対策その4 鼻づまりを改善

 鼻づまりはいびきの大きな原因のひとつです。そのため、寝るときに鼻づまりで無くなれば、いびきをかかないようになることが多いです。

 

もちろん、普段から鼻づまりではない人には効果はありませんが。

 

寝る時の鼻づまり改善方法として有名なのがブリーズライトです。こういうの↓↓

ブリーズライト スタンダード

 

鼻につける位置によっては効果はイマイチなので、鼻づまりがスッキリする位置を調整するのが大事です。

 

また、慢性的に鼻づまりの方は根本的に鼻づまりを改善していくのをオススメします↓↓

鼻づまりを改善していく方法は>>

 

いびき対策その5 口呼吸をやめる

寝るときに口呼吸をしないように出来れば、いびき対策としてかなり有効です。

 

口呼吸はいびきの原因として大きいです。

 

寝るときは無意識なので、口呼吸を抑制するアイテムがおすすめです。もちろん鼻づまりがない人用です。

 

ネルネル いびき防止テープ ネルネル いびき対策グッズ

 

いびき対策その6 生活習慣を改善

いびきは結局生活習慣を改めることが根本的な解決のひとつです。

 

肥満

運動不足

食生活

アルコール

タバコ

これらはいびきをかく原因になっています。生活習慣を改善するといびきをかかなくなったというのは多いです。

 

いびきをかかない方法として一番有効ですが、一番大変なものです。

 

対策その1~5までのいびきをかかない方法を実践しながら、生活習慣について考えてみましょう。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ