どうにかしたい!!ツライ花粉症は断食で治るって本当?

花粉症の症状を改善したり治す方法のひとつに断食があるのは知っていますか?

 

いったい断食で花粉症が治ることがあるのはなぜなんでしょうか?まとめてみました。

スポンサードリンク

断食すると身体はどう変わる?

花粉症などのアレルギーは身体が本来は異物でないものに過剰に反応することで症状が出ます。

 

断食をすることで変わってくるのが

 


・免疫細胞で過剰反応の原因のひとつである白血球のリンパ球が減る。

 

・腸内環境を整ってくる。


 

これが断食で身体で起こる反応なのです。これが花粉症を治すことにつながってくるのです。

 

スポンサードリンク

リンパ球が減ると花粉症は軽くなる

リンパ球は免疫を担当し、抗体を作る命令を行う白血球のひとつです。

 

リンパ球にもいくつか種類があり、抗体もまたいくつか種類があります。

 

断食をすることでアレルギーなどに関係しているIgE抗体を作る命令をするリンパ球が減ってくるのです。

 

このため、身体に侵入してきた花粉を攻撃する量が減ってくるので、花粉症の症状が治ることがあるんです。

WS001110

腸内環境が花粉症に関係する

花粉症はアレルゲンである花粉を腸管粘膜から取り込むことで症状が出やすくなるんです。

 

腸管粘膜には多くの免疫細胞が存在しているので、異物や細菌が侵入しても体に取り込まれる前に免疫機能が働いて死滅させます。

 

しかし、腸管粘膜が壊れていると免疫機能が低下するので、アレルゲンの侵入が容易になります。

 

腸管粘膜を壊す原因のひとつにカンジダ菌という悪玉菌がいます。カンジダ菌は腸内以外に消化器官や口の中、膣内などに常に存在し、空気中にも漂うので日常生活で避けることはできません。

 

腸内環境が正常の時は善玉菌が働いてカンジダ菌が増殖するのを抑制します。

 

しかし脂っこい食事や野菜不足など偏った食生活をすると善玉菌の数が減るので、カンジダ菌を含む悪玉菌が優勢となり、腸管粘膜がダメージを受けて壊れるのでアレルゲンの侵入を許してしまうのです。

 

そこで断食をすることで腸では消化する負担が減り、休むことができるため善玉菌を増やすことに専念できて免疫機能が正常になりバランスが良くなるのです

WS001002

 

断食の方法は??

何日間も食べ物を口にしないような本格的な断食は医師の指導がないと体調をかえって崩す可能性があるので、花粉症を改善する目的ならば無理のない範囲で行っても効果はあります。

 

まず準備期間として前日から夕食の量を少なめにします。

 

胃に負担がかかる食べ物は避けるので、脂っこいものや糖分が多いもの、お酒は禁止です。当日のルールは、固形物を食べないで飲み物だけにすることです。

 

断食すると食事から得られていた水分を得られなくなるので、こまめに水分をとります。水分補給は食欲をコントロールする上でも役立ちます。

 

水だけでは物足りない場合は、野菜と果物で作ったスムージーや青汁などを3食の代わりに飲みます。

 

(消化出来ない食物繊維たっぷり野菜大量のジュースは逆に胃腸に負担になるのでNG)

 

WS000993

激しい運動は体に負担がかかるので、室内で過ごすのがよく仕事が休みの日を選びます。

 

翌日は回復日で、固形物を食べられるようになりますが消化機能が低下しているので消化しやすいお粥を食べます。

 

昼食や夕食は肉を控えた野菜中心のメニューで、通常より量を半分に減らします。

 

断食は花粉症改善に有効ですが、痩せ気味の人や子供は食事を抜くことは控えます。

 

それ以外の人は少し食べなくても毒素が排出されて痩せたり肌の調子が良くなったりするので、一度試してみると良いです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ