関係あるの!?花粉症と肌荒れの関係は?

花粉症の時期になると、なんだか肌荒れがひどくなる・・・そんなことありませんか?

 

花粉症と肌荒れには関係があるんです。

スポンサードリンク

花粉症の季節になるとなぜか肌荒れがひどくなってしまうと悩んでいる女性は多いのではないでしょうか。実は、これらには深い関係があるのです。

 

花粉症のアレルギー反応と言えば、くしゃみに鼻水、鼻づまりに目のかゆみといった症状を想像する人が多いでしょう。

 

しかし、花粉症によるアレルギー反応は、肌にも起きているのです。

スポンサードリンク

花粉が肌につくと、その部分にアレルギー反応が起きてしまい、肌がカサカサする乾燥肌になったり、肌にかゆみが出て来たりしてしまいます。

 

また、花粉症対策のマスクを着用することで、口周りや頬の部分に湿気がたまり、それが肌への刺激となってマスクに覆われている部分が荒れてしまうという場合もあります。

 

他にも、マスクと肌が触れている部分がこすれて肌荒れが起きたり、ニキビが出来てしまったりということもあります。花粉症の季節は、肌荒れを気にする女性にはとてもつらい時期です。

WS000961

さらに、花粉症になると鼻をかむ機会が増え、目も痒く、涙も出るので目の周りを拭う機会も増えるようになります。

 

花粉症の症状が出ているときは体全体の免疫力が低下していますから、肌の力もいつもより弱まっています。

 

そんな状態で鼻をかんだり目の周りを拭ってしまったりすると、弱まった肌が更に傷付けられてしまい、乾燥したり皮が剥けたりしてしまうのです。

WS000966

また、免疫力の低下により肌のバリア機能も低下しています。そうすると、肌が必要な水分を保ち続けることが出来なくなり、粉を吹くほどの乾燥肌になってしまったりするのです。

 

肌が乾燥すると、ニキビやシミ・シワの原因ともなります。季節ごとの花粉症であっても、積み重なれば肌に大きなダメージとなることは簡単に想像出来るでしょう。

 

つまり、積み重なったダメージによりシミやシワが増えてしまったり、通年してニキビに悩む肌になってしまったりする可能性があるのです。

 

花粉症の時期の肌のケアで一番大切なのは、保湿です。しかし、保湿といっても油分の高いものや、乳液などの粘度の高いものは肌に花粉がつく原因となってしまうので使用の際には注意が必要です。

 

おすすめなのは、肌内部にまで浸透し、肌のバリア機能を補助してくれるような美容液です。

 

また、肌が弱まっている上に乾燥していますから、刺激の少ないものを選ぶようにするといいでしょう。敏感肌用の美容液などであれば、花粉の季節の保湿にはぴったりであると言えます。

 

ファンデーションなどの化粧品も、油分が少なく乾燥を防いでくれるようなものを選ぶようにすると、花粉症対策としては有効となるでしょう。

 

花粉症だけでなくアレルギー症状を改善するには薬だけではないんです↓↓

お茶でアレルギーを改善する>>

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ