花粉症に効果があるマスクの選び方は!

最近は色々な種類のものが販売されているので、どれを選べば良いのか迷ってしまうという方も多いのではないでしょうか。

 

花粉症にはどうやってマスクを選べばいいのか、選び方についてまとめてみました。

スポンサードリンク

花粉症対策として、一番手軽に用いることが出来るのがマスクです。花粉症の対策の一つになるべく花粉を体内に侵入させないことは大事なことなんです。

 

マスクは手っ取り早く、効果的に花粉から身を守れるものなので、花粉症の方には必須アイテムとも言えます。

マスクの素材の違いは?

マスクにはいくつかタイプがあり、まず素材の違いがあります。主流のものは、不繊布とガーゼです。

 

不繊布は繊維が複雑に折り込んでありますので、ガーゼに比べると花粉が付着しやすく、花粉の除去率はガーゼに比べて高くなります。

 

ですが、最近のガーゼマスクは多層構造になっていたり、フィルターが織り込まれていたりするものもあるので、花粉をブロックする効果としては不織布とガーゼには以前程、大きな違いはないようです。

 

不繊布に比べて、ガーゼは肌触りが良く肌に優しい特徴がありますので、敏感肌の方や肌荒れが気になる方には多層構造のガーゼのもがおすすめであると言えます。

スポンサードリンク

マスクの構造の違いは?

その他の違いとしては、構造の違いがあります。立体型と平型です。

 

立体型のものの方が、マスクと肌に隙間が出来にくいので、花粉の除去率は高くなります。

 

ですが、現在は平型のものでも鼻や頬の部分にワイヤーが入っており、密着度が高くなっているものもありますので、どちらの型を選ぶかは見た目などの好みによって分かれることになるでしょう。

 

立体型のマスクとはこういうやつです↓↓

フィッティ セブンデイズマスク 立体型

結局どのマスクが花粉症にいいの?

実は、マスクの花粉除去率は、製品による大きな差はないと言われているんです。

 

少なくとも、どの製品も95%以上の花粉を除去することが出来るという実験結果があります。その実験の中では、99%の花粉をとらえたのは、不繊布で平型のものであるという結果も出ているようです。

 

基本的に商品のパッケージに花粉99%除去!ってのが書いてあれば、花粉は通ることがほぼ出来ません。

 

しかし、このようなタイプは、同じものを使用し続けることによって花粉で目詰まりを起こし、呼吸がしづらくなってしまうということもわかりました。

 

効果的なマスクの選び方には重要なポイントがいくつかあります。

WS001002

まずは1番大事なことは顔に密着しているかということです。顔とマスクの間に隙間が空いていると、そこから花粉が入り込んでしまいます。

 

マスクを装着した状態でその部分を両手で覆い、息を吐いてみてください。頬や鼻の周りから呼気が漏れているようであれば、それは顔にフィットしていないということです。

 

このようにして顔にフィットするものであるかを確認しましょう。鼻の形によってフィットするかどうかは変わってくるので、もっともフィットするものを選びようにします。

WS000962

次に重要なのが、使い捨て出来るかという点です。

 

マスクは、可能な限り毎日取り換えるのが理想です。マスクをつけて呼吸しているうちに花粉が詰まってきたり、使用しているうちに手などが触れて、花粉が通れるようになってしまうためです。

 

その点で、コスパの良いものを毎日取り換える方が花粉除去に効果的であると言えるでしょう。

 

以上のことを踏まえた選び方でマスクを吟味すれば、花粉症の症状緩和に繋がる可能性が高くなります。

 

花粉症のマスクの選び方はフィットして、使い捨てできるコスパの良い物!(花粉99%以上カットできると書いてあるもの)

 

花粉症の症状を薬を使わずに、お茶でも改善できることは知っていますか↓↓

お茶で花粉症の症状が改善した>>

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ