関係あるの!?花粉症と果物の関係は?

花粉症と果物で起こるアレルギーには少しだけ関係があることを知っていますか?

 

果物を食べることで起きる果物アレルギーと花粉症にはどんな関係があるのでしょうか。

スポンサードリンク

口腔アレルギーって知ってますか?

果物を食べると喉がイガイガして何だかむず痒い、口の中の粘膜がヒリヒリしたり腫れたりする…という人は意外と多いのではないでしょうか。

 

そんな症状がある人は、口腔アレルギー症候群(OAS)という状態の可能性があります。

 

口腔アレルギー症候群とは、口や喉の粘膜にアレルギー反応があらわれる状態です。

 

口腔アレルギー症候群が起きやすい代表的なものはバラ科のりんご、桃、いちごなど、ウリ科のトマト、メロン、バナナなどです。

スポンサードリンク

果物と花粉症の関係は?

口腔アレルギーを引き起こす果物に共通していることは、花粉と似たタンパク質を含んでいるということです。

 

なんと、粉症の人の10~20人に1人の割合で口腔アレルギー症候群である言われているんです。

 

この原因は、花粉に含まれるタンパク質と似た構造を持っている果物や野菜が存在しているということにあります。

 

特に、北海道に多いシラカバや、関東に多いブナ科の植物に対して花粉症がある人は、口腔アレルギー症候群を発症する可能性が高いと言われています。

WS000961

シラカバ科の植物に対して花粉症を発症している人のうち、約半数に口腔アレルギー症候群の症状が見られると言われており、アレルギー反応が出るものは、バラ科のりんごやサクランボ、桃や梨やいちごなどが主なものです。

 

また、ブナ科の植物であるブタクサの花粉症を持っている人は、ウリ科のメロンやスイカ、バナナに対してアレルギー反応を示す可能性があります。

 

カモガヤという植物に対しての花粉症を持っている人は、オレンジなどの柑橘系にアレルギー反応を起こすということが多いようです。

 

花粉症に悩んでいるならこちらの記事を参考にしてみてください↓↓

花粉症をお茶で改善した>>

WS000993

果物アレルギーの対処法は

これらの果物は人気が高く、食べられないのはつらいという方も多いでしょう。

 

どうしてもこれらを食べたいという場合には、加熱することで食べるようになることが多くあります。

 

果物に含まれている口腔アレルギー症候群を引き起こすタンパク質は熱に弱く、加熱することで壊れてしまうものがほとんどです。

 

そのため、加熱して食べることでアレルギー反応を抑えることが可能なのです。しかし、それでもアレルギー反応が起きてしまうということがあります。

 

その場合は、どんなに好きな果物であっても、食べるのを控えた方がいいでしょう。最初は症状が軽くても、アレルギー反応が出る果物を食べ続けるうちに症状が強く出て来るという場合もあります。

 

花粉症と口腔アレルギー症候群の症状、両方に悩んだりしないよう、無理にアレルギー反応が出るものを食べるのは控えるのが賢明です。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ