いったいなぜ花粉症になる?花粉症のメカニズムとは!

花粉症っていったいなぜ出てくるのか知っていますか?

 

多くの人が苦しんでいる花粉症。その花粉症のメカニズムを知って、これからの症状緩和に役立てていきましょう。

スポンサードリンク

花粉症が出てくるメカニズムは

まず、私たちの体に、鼻や目、口から花粉が侵入して来ます。

 

そうすると、花粉というアレルギーのもとになる異物(アレルゲン)を受け入れるのかどうかを体が判断します。

 

この異物は排出するべきだと体が判断すると、その異物に対しての抗体が作られます。これを「IgE抗体」といいます。

 

IgE抗体は肥満細胞と呼ばれる、炎症性物質をもった免疫能力をもった細胞にくっつきます。その後に侵入してきた花粉に抗体が攻撃をしかけると、くっついている肥満細胞から炎症性物質が放出されるのです。

スポンサードリンク

IgE抗体の数が少ないうちは、放出される炎症性物質は少なく、まだ花粉症の症状は出てきません。

 

IgE抗体は異物と判断された花粉が体内に侵入してくるたびに、どんどん作られていき、肥満細胞にどんどんくっついていきます。

 

IgE抗体➕肥満細胞の数が一定以上になったときに、花粉症の準備が整ってしまうのです。整った状態で花粉が侵入してくると、花粉症の症状が出てきます。

 

抗体の働きとして肥満細胞からヒスタミンなどの化学物質が分泌され、可能な限り異物である花粉を体の外に排出しようとします。

 

その結果くしゃみで体外へ吹き飛ばす、鼻汁や涙で洗い流す、鼻づまりを起こして体内に花粉が入らないようにするなどの症状があらわれて来るのです。これがつらい花粉症のメカニズムです。

WS001107

抗体と結合した肥満細胞は、異物(花粉症の場合は花粉)が体内に侵入してくる度に、その数を増やしていきます。

 

これは体の防衛の働きで、異物をより早く、多く体外へ排出しようとするためです。つまり、最初は軽度の花粉症であったとしても、そのまま放置しておくと、どんどん症状が悪化してしまうということになります。

 

また、現在花粉症でない人も、花粉を吸い込んだときに、いつIgE抗体が生成されるのかはわかりません。つまり、これから先も花粉症にかからないとは言い切れないのです。

 

花粉症になる人は、一般的に免疫力があまり強くなく、そのため体が異物から我が身を守るためIgE抗体を生成しやすくなっていると言われています。

WS000992

頻繁に「アレルギー体質」という言葉を聞きますが、これは、異物に対して抗体を作る働きが活発になっている人と言い換えることもできます。

 

花粉症になってしまうと、どんどん抗体が作られるようになるので、それまでアレルギーはなかったという人でも、例えば動物の毛にアレルギーを示すようになってしまったりする場合もあります。

 

また、花粉と同種のタンパク質を持っている果物に対して、食べると喉がイガイガするというアレルギー反応を起こすようになってしまう場合もあります。

 

花粉症になることを防ぐには、規則正しい生活と、野菜中心の食事をしっかり食べることで体の基礎的な免疫力を向上させることが一番の特効薬となります。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ