花粉症と免疫力の関係は?低下・強いどっちがひどくなる?

花粉症と免疫力の関係って知っていますか?

 

免疫力が低下していると花粉症がひどくなる?免疫力が強いとひどくなる?

 

まとめてみました。

スポンサードリンク

花粉症と免疫力の関係

花粉が身体に入ってくると異物だ!侵入者だ!と反応して排除しようとします。

 

この反応が必要以上、過剰に起きてしまったものが花粉症です。

 

つまり、免疫力が強いほど花粉症はひどくなり、免疫力が低下していると花粉症は出なくなるってことなんでしょうか。

 

実際に花粉症やアトピーなどアレルギー症状を抑えるために免疫抑制剤(ステロイド)を使うこともあります。

 

それなら免疫力を低下した状態にしておけば花粉症が治るのかというとオススメできるような状態ではありません。

 

免疫力の低下は感染症に弱くなり、ガン細胞を抑制する力も弱いためです。

 

花粉症を治すために免疫力を強くするというのを聞いたことがある!って方もいると思います。

 

ある意味間違いではありません。しかし、ただひたすら免疫力を強くすればいいわけではありません。免疫力のバランスが崩れている状態こそが花粉症をひどくするのです。

 

スポンサードリンク

花粉症は免疫力のバランス

異物に対して作られる抗体にはIgG、IgA、IgM、IgD、IgEがあります。

 

この中で花粉症などアレルギーに関係しているのがIgE抗体です。

 

アレルギーの場合は目や喉、鼻の粘膜に花粉がくっつくと本来であればIgG抗体が作られるのですが、IgE抗体が作られてしまいます。

 

(なぜIgE抗体が優先して作られるかは完全には分かっていません。)

 

異物が粘膜にくっつく度にIgE抗体は作られて、肥満細胞にくっつきます。(ヒスタミンなど炎症物質を放出する細胞)

 

どんどん作られていくIgE抗体は肥満細胞にくっつきながら体内に溜まっていきます。そしてある日突然にアレルギー症状を出すのです。

 

(アレルギーを持っている人は血液中のIgE濃度が高いです。)

 

これが花粉症などアレルギーが発症してしまう流れなんですが、ここまで来てしまうまでに免疫の異常がいろいろとあります。



ヘルパーT細胞が身体に侵入してきた異物を有害なものか判断します。
→有害な場合にはB細胞に抗体を作ってくださいと命令します。
→B細胞は抗体を作って異物を攻撃します。
→サプレッサーT細胞がそろそろ攻撃は終わりですよと抗体を作るのをやめさせる。


これが抗体を作る流れですが、花粉症の人は

①ヘルパーT細胞が花粉を異物と判断してしまっている

②サプレッサーT細胞が抗体を作るのをやめさせない


こういったことが起こり免疫が異常な状態にあるんです。免疫力のバランスが悪いことこそが花粉症の原因となっています。


そして免疫力のバランスが崩れる引き金は食生活や生活習慣の乱れ、ストレスなど免疫力の低下と言われています。

WS001110

この流れは液性免疫と呼ばれています。そしてヘルパー細胞の1つであるTh2が担当しています。

 

また、抗体を産生せずに異物へアタックする細胞性免疫を担当しているのが、ヘルパーT細胞の1つであるTh1です。

 

このTh1とTh2のバランスが崩れることも花粉症の原因となるのです。Th2に傾くほどアレルギー症状がひどくなることが分かっています。

 

とにかく免疫力のバランスが大事ということです。これを行うためには、

・食生活

・運動

・ストレス

・睡眠

 

こういった生活習慣が大きく関わっているのです。花粉症を改善する食べ物についてはこちら↓↓

花粉症を改善するための食べ物は>>

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ