花粉症は何科?病院の選び方は!

花粉症は、放っておくと症状がどんどんひどくなる病気です。毎年毎年、異物である花粉によって体内の抗体が増えるためです。

 

花粉症かな?と思ったら、症状がひどくなってしまう前に病院を受診しておくといいでしょう。その際に必要となる、病院の選び方の知識を紹介します。

 

正しい知識で病院を選び、花粉症のつらい症状を少しでも早く改善させましょう。

スポンサードリンク

花粉症のときは何科に行く?

花粉症で病院を受診するときの選び方として、気になる症状に合わせて何科を受診するのか決めるのが良いと言われています。

 

主にかかるのは、耳鼻咽喉科、耳鼻科、眼科、内科です。鼻水や鼻づまりなど、鼻の症状がひどい方は耳鼻科にかかるのがいいでしょう。

 

鼻の症状に加えて、喉のかゆみや違和感がひどいという方には耳鼻咽喉科をおすすめします。

 

鼻の症状よりも、目のかゆみが気になるという方は眼科を受診するといいでしょう。

スポンサードリンク

しかし、耳鼻科や耳鼻咽喉科は、花粉の季節はその患者さんで非常に混雑してしまいます。そんなときは、内科にかかるといいんです。

 

内科でも、アレルギーに対しての薬を処方してくれますので、花粉症の症状は緩和されると考えられます。

WS000963

いつ病院に行けばいいの?

花粉症で通院を始める場合には、花粉が飛び始める2週間ほど前が最適だと言われています。

 

2月の暖かい日にはけっこうな量のスギ花粉が飛び始めるので、できれば1月中には一度病院に行っておきたいんです。

 

これは、症状が出てしまう前から薬を飲んでおくことで、かなり症状が抑えられるためです。

 

ピークが来てから受診したのでは、つらい症状が完全に緩和されづらくなります。(ある程度は抑えられますが・・・)

 

また、花粉のピーク時は病院はとても混むので、仕事などで通院する時間がない人は、結局花粉症を放置してしまうということにもなりかねないのです。

 

病院でも、初診などの場合には薬を1~2週間分しか処方しないというところも多くあります。

 

その場合、小まめに通院する必要が出て来てしまうので、花粉が飛ぶ2週間前には受診をして、症状の緩和に繋げることが賢明であると言えます。

 

仕事などの都合で2週間ごとの通院が難しい場合には、医師に相談して薬の量を増やしてもらうなどの対策を立てるようにしましょう。

WS000935

花粉症のシーズン中には症状を抑えるための薬を出してもらうくらいしかしてもらえません。(ステロイド注射などもあるけど、推奨されてません)

 

そのため、受診する科を決めたら、出来るだけ通いやすい病院を選んで受診するようにしましょう。理想的なのは、仕事や用事の帰りに立ち寄れる位置にある病院です。

 

花粉症になると、シーズン中は小まめに通院する必要がありますから、あまりにも遠い場所や通いづらい場所にある病院では、通院を続けること自体が難しくなってしまいます。

 

駅や家、職場や学校から近い病院を選ぶことで定期的に通うことが出来るので、花粉症の治療もしやすくなると言えます。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ