花粉症は何歳ごろになる?発症年齢と潜伏期間は?

花粉症になると目がかゆくなったり、鼻水が止まらなくなったり、のどがイガイガしたりなど不快な症状に悩まされます。

 

これは大人だけではなく子供もなってしまうので、親はよく症状を見てあげないといけません。

 

このつらい花粉症って何歳くらいになってしまうんでしょうか?発症年齢と潜伏期間は決まっているのでしょうか?まとめてみました。

スポンサードリンク

花粉症はいつなるとは決まっていないので、発症年齢を断定することはできません。

 

しかし、早い場合には1回花粉が飛ぶ時期を経験して、2回目の花粉が飛ぶ時期に花粉症が出てしまうこともあります。つまり1~2歳でも花粉症になってしまう子供が存在しているんです。

 

この早い時期の花粉症は急に症状が出るため、最初は花粉症と気がつかない場合もあり、風邪だと勘違いして内科にかかってしまうこともあるようです。

 

一度花粉症にかかってしまうと完全に治すことはなかなか難しいようです。そして、子供の発症年齢が若くなってきている傾向があり、潜伏期間も人によってまちまちです。

 

10歳までに花粉症が発症するのは15%くらい、20歳までに花粉症が発症するのは30%ぐらいのようです。これは年々増加傾向となっています。そしてその後、成長するに連れて発症する率は高くなっていきます。

スポンサードリンク

花粉症の潜伏期間は身体の中にIgE抗体という原因物質がどれくらいのスピードで溜まっていくかで変わってきます。

 

潜伏期間が長い場合もありますし、すぐに発症する場合もあります。まずは花粉症にならないように予防することが大切です。

 

子供の花粉症が増えてきている理由については↓↓

子供の花粉症はなぜ増えてきているのか>>

 

WS001248

 

予防するためには方法がいくつかあります。まずは「花粉が多いところにはなるべく行かない」です。

 

花粉を身体に取り込めば取り込むほどにIgE抗体はどんどん増えていってしまいます。

 

こうならないためにも意識して花粉の少ない場所で過ごすことを心がけるのもひとつです。難しいんですけど・・・

 

次に「気になったらすぐに病院へ行く」です。子供の熱はないけど鼻水が出ている場合、一度耳鼻科で見てもらいましょう。

 

もしかしたらアレルギー反応による症状かもしれません。早めの対処で少し改善することができる可能性が高いです。

 

WS000966

 

次に「体質を改善する」です。花粉症にならないためには免疫力が大切です。食生活や生活習慣に注意しましょう。

 

子供の寝る時間が遅くなったり、お菓子の食べ過ぎや生活習慣を大人が管理することが必要です。

 

花粉症を悪化させてしまう食べ物についてはこちら↓↓

花粉症にとってよくない食べ物とは>>

WS000961

そして大人ができることは「部屋を清潔に保つ」です。毎日外から人が出入りするだけでも空気中の汚れや花粉は家の中に入ってきます。

 

その汚れがたまってしまうとハウスダストの原因や花粉症の発症につながることがあります。できる限り空気清浄機がある方は一日稼働させておくだけでも、十分効果があります。

 

最近の家電は電気代も高くないので一日中つけていてもそこまで家計の負担になることはありません。

 

部屋の空気を変える場合も花粉が飛びにくい深夜か早朝に行うようにしましょう。部屋を換気するだけでも花粉は侵入してきます。

 

なるべく家の中に侵入させない工夫をしましょう。以上のように大人が子供の健康のためにできることはたくさんあります。

 

少しでもしんどい思いをさせないためにも、日頃から細かな注意力が必要です。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ