花粉症の妊婦さんは薬を飲んでもいいの?

妊婦さんは、免疫力が低下して花粉症などになりやすくなっています。また、今までは花粉症じゃなかったのに、いきなり症状が出ている方も多いんです。

 

花粉症に悩んでいる妊婦さんの気がかりは、薬を飲んでもいいのかということではないでしょうか。

スポンサードリンク

妊婦は花粉症の薬を飲んでいいのか?

妊娠初期の場合は、服用した薬の影響が胎児に出やすい時期です。

 

そこで、病院などでも妊娠初期(15週目まで)の方には、内服薬は処方しないというところが多いようです。また、市販薬の服用にも注意が必要です。

 

今まで飲んでいたものがあっても、妊娠初期の場合は必ず産婦人科などの医師に相談して、服用できるのかを判断してもらうようにしましょう。

 

妊娠中期以降になると、一般的には服用できるものが増えてきます。

 

妊娠中期の方には、一般的にアレグラ、クラリチンなどの胎児への影響が小さいと言われているものが処方されるようです。

 

ただし、市販薬のアレグラなどを自己判断で飲んだりしないようにしましょう。

WS001250

花粉症の症状は、毎日絶えず続いて大きなストレスになるものです。婦さんのストレスは、胎児にも悪い影響を与えてしまいます。

 

妊娠中期の方で花粉症の症状がつらい場合には、無理をせず医師に薬を服用できるか相談してみるといいでしょう。ですが、妊娠中期の場合でも、胎児の発育などに合わせて服用を見送る場合があります。

 

多くの病院では、妊婦さんへの薬の処方にはとても慎重です。しかし、マスクなど応急処置だけで花粉症の症状に耐えるのは難しいものでもあります。

 

点鼻薬なら妊娠していても大丈夫だったという話もありますが、中にはステロイドが入ったものもあります。お薬を使うときにはかかりつけの産婦人科で聞いてみましょう。

スポンサードリンク

妊婦の花粉症対策は

特に妊娠初期の方は、自分でできる花粉症対策を怠らないようにすることが重要です。

 

例えば空気清浄機を使う、マスクを着用する際には小まめに取り換えるようにするなどです。また、なるべく外に出ないというのもひとつの手です。

WS001084

他にも、アロマオイルを使ったりすることで花粉症の症状が治まるということもあります。

 

アロマオイルは妊娠初期の場合には胎児に影響が出る可能性があるものもありますが、妊娠している方に対して奨励されているアロマオイルもあります。

 

直接花粉症に対しての効果が薄くても、アロマオイルを使うことによって気分転換になり、花粉症のストレスが緩和できるという効果には期待ができます。

 

ラベンダーやローズウッドなどは、一日数回香りを楽しむ程度であれば、妊娠している方でも使うことができるアロマオイルです。

 

また、花粉症に効果があるお茶などもありますから、薬を服用できない場合でも、医師に相談して症状緩和に役立てることが出来るかもしれません。

 

いずれにせよ、妊娠中は胎児の発育を一番に考え、自己判断での薬の服用などは避けるようにしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ