花粉症にポリフェノールが良い!?ワインで治る?

花粉症にはポリフェノールが効くって聞いたことありませんか?ポリフェノールが花粉症にどんな効果を持っているのでしょうか?

 

ポリフェノールといえばワインですが、どうなんでしょうか。まとめてみました。

スポンサードリンク

花粉症の症状を抑えようと思ったら

花粉症は、花粉が体内に入って免疫細胞が反応する事によって色々な症状を出します。 花粉が入ると体内の抗体が反応して、その異物を取り除こうと働きます。

 

その働きをする上で体内に発生するのがヒスタミンという物質で、このヒスタミンが痒みや炎症などの原因となります。

 

そのため、花粉症を改善しようと思ったら、花粉を体内に入れないか、ヒスタミンの生成を抑える、このどちらかの方法しかありません。

 

しかし花粉は目に見えない程細かい粒子のようになっていて、マスクをしたりメガネをしたりして避けようとしても、簡単にそのブロックを通過してしまいます。

 

鼻だけではなく、目は耳からも入ってくる可能性があるので顔全体を保護していないと避けられません。 そのため、ヒスタミンを抑える方法を知った方が速いかもしれません。

 

スポンサードリンク

ヒスタミンを抑えるにはポリフェノール?

ヒスタミンを抑えるのに効果が高いのはポリフェノールです。

 

ワインなどに多く含まれているポリフェノールですが、体内に入るとヒスタミンの生成を抑える為に働くだけではなく、悪玉の活性酸素を除去する抗酸化作用が強力です

 

活性酸素が減ってくれば、免疫力がアップして花粉などの抗原に対する抗体の力も上がってきます。

 

抗体の力は強くなっても、それによって発生するヒスタミンの生成は抑えてくれるというダブルの効果で花粉症の症状を抑えてくれるでしょう。

 

ポリフェノールを取り入れるのであれば、花粉症がひどくなってからでは遅いです。日頃から取り入れる方が効果が高いです。

WS001110

ポリフェノールといえばワイン?

ポリフェノールが多く含まれているのは赤ワインと考えるかもしれません。赤ワインには確かに豊富にポリフェノールを含んでおり、アルコールに溶けやすいため、吸収量も増えます。

 

かといって、ガブガブと毎日のように大量に飲むのはオススメしません。

 

アルコール度数は他のお酒よりも高いので飲み過ぎると逆に体調を崩してしまう可能性もあります。適量を意識して日々の生活に少しずつ取り入れていくと良いでしょう。

 

そして、すでに花粉症のシーズンに突入して花粉症の症状が出ている時にはアルコールは症状を悪化させます。

 

そのため、花粉症の時期になる前に赤ワインは飲むようにしておきましょう。

WS000993

ポリフェノールは赤ワインだけではない

ポリフェノールを多く含むのは赤ワインではありません。毎日積極的にポリフェノールを取り入れるようにしていきましょう。

 

果物

・すもも

・プルーン

・ブドウ

・桃

・りんご

・バナナ

・柿

・いちご

 

野菜

・レンコン

・さつまいも

・春菊

・玉ねぎ

・ごぼう

・茄子

・納豆

飲み物

・赤ワイン

・緑茶

・コーヒー

・烏龍茶

 

その他

・カカオ

・ココア

・しょうが

・黒ゴマ

 

いろいろありますね。苦味があったり、色が濃い食べ物を食べるようにしましょう。

 

皮があるものは皮ごと食べたほうがポリフェノールの量が多いですよ。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ