花粉症はヨーグルトで改善できる?どういう関係があるの?

毎年花粉が多く飛ぶ季節になると花粉症で辛いという声をよく聞くようになります。

 

年に一度は必ずやってくる辛い症状をヨーグルトを食べることで改善できるといわれています。

 

花粉症とヨーグルトの関係についてまとめてみました。

スポンサードリンク

花粉症は季節性アレルギー性鼻炎ともいわれており、花粉を原因として起きる鼻炎症状です。

 

このアレルギー症状は免疫細胞のバランスが乱れることでおき、該当する免疫細胞に食生活や腸内環境の問題が関係しています。

 

腸内環境と花粉症の関係については>>

花粉症に効く食べ物については>>

 

ヨーグルトには乳酸菌やビフィズス菌といった腸内環境を整える作用をもった菌が豊富に含まれています。

 

腸内環境が改善することは免疫細胞のバランスを整えることにつながるために、花粉症が改善されるのです。

スポンサードリンク

しかし食べるだけで改善されるといっても食べ方によっては花粉症の改善につながらない場合があるため、正しい食べ方でヨーグルトを食べる必要があります。

 

まず前提として食べてすぐ症状がなくなるというわけではないため、即効性を求める人には不向きな方法といえます。

 

事前対策として症状が現れる前から食べることが重要であり、花粉が飛び始める3週間ほど前くらいから継続的に食べ続けることで免疫細胞のバランスを整えます。

 

次に食べるタイミングです。人の身体は空腹だと胃酸が強くなるため乳酸菌をしっかり腸まで送り届けるために、なるべく食後に食べるようにします。

 

そしてヨーグルトは体質改善を目的としていることから長期間摂取しないとその違いを体感しにくいといわれています。

WS001002

ほかにも白砂糖を入れて食べると免疫低下を防ぐビタミンBなどが減少してしまうため、食べやすくするために糖分を加えたい場合はハチミツや黒砂糖などを使用するようにしましょう。

 

また、含まれる乳酸菌の種類によって花粉症に効果的なものやほかの症状に効果があり、購入時点でどのタイプのものを買うか選択する必要があります。

 

今では商品名に含まれている乳酸菌の種類を冠したものが多く流通されているため、比較的商品名を見て目的に合ったものが購入可能になっています。

 

しかし生活習慣や免疫遺伝子の関係上、種類によって自分の身体の体質と合わないことから効果ない場合もあり、どの乳酸菌が合うかどうかは試さないと分からない部分もあります。

 

そのためあの人は効果があったけれど、この人は効果がなかったということが有り得るのです。

 

しかし腸内環境を整えることに有用とされているため、毎日継続して食べ続けることが無駄になるということはありません。

 

このことからもヨーグルトを食べ続けることは健康のために食べ続けることをおすすめします。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ