子供のいびきの原因は鼻づまりなの?手術で治るのはホント?

小さいお子さんもいびきをかくことがあり、大体約10%の幼児がいびきをかくと言われています。

 

大人の人でいびきが酷い人は最近よく「無呼吸症候群」と言われる症状の人が増えていると耳にしたことはありませんか?

 

いびきにも軽いものと、実は危険なものがあるんです。子どもがいびきをかく原因は鼻づまりだけではないんです。

スポンサードリンク

子どものいびきの原因には3つあります。

1.扁桃腺肥大

扁桃とは、口や鼻から入ってくる病原体と戦うリンパ組織です。

 

咽の内部や周辺にはたくさんのリンパ組織がありますが、口蓋扁桃というところが大きく肥大してしまった状態のことを扁桃腺肥大と言います。

 

口蓋扁桃は舌の付け根の両側にあり、大きさの程度によって1~3段階の肥大クラスに分けられます。

 

口蓋扁桃が大きくなるのは小学生くらいまでで、中学生になるにつれて、少しずつ小さくなっていきます。

 

扁桃腺が大きくなる原因としては、生まれつきの体質・口蓋扁桃の炎症の繰り返しが主な理由です。

スポンサードリンク

2.アデノイド肥大

アデノイドも、咽の内部や周辺にあるリンパ組織の一つで、別名を咽頭扁桃と言います。

 

アデノイドは鼻の奥の方にあり、普段は自分では見ることのできない位置・大きさです。

 

このアデノイドはまだ身体の免疫が十分でない乳幼児や幼児が徐々に免疫を付けるために活発に活動するため、乳幼児以降大きくなり幼児期・小児期には最大の大きさとなります。

 

免疫がついてくる思春期になると、どんどん小さくなります。

 

しかし、このアデノイドが大きくなりすぎたために鼻やのどに炎症を起すこともあります。

 

扁桃腺肥大と、アデノイド肥大が同時に腫れている場合が多く、そうなると気道が狭くなり、いびきをかくだけではなく、無呼吸症候群になってしまうこともあります。

WS000961

3.アレルギー性鼻炎・副鼻腔炎等による鼻づまり

鼻づまりが慢性化してくると、鼻呼吸が苦しくなりますよね。片方の鼻で息をすることは大人にとっても辛いことです。

 

さらに寝るときは苦しさのあまり、鼻で呼吸することをやめ、口で呼吸しながら寝てしまい、朝にはノドがからっからに乾いているなんてことありますよね。

 

この口呼吸が原因で子どもはいびきをかいているかもしれません。

 

さらに、夏や冬は部屋の温度の暑かったり寒かったりするので、エアコン等を付けると、ハウスダストやダニも発生しやすくなりアレルギー性鼻炎も慢性化しやすくなります。

 

 

WS000965

子供のいびきが影響であらわれる症状は?

子どものいびきは多少なら疲れているだけでしょう。と思っているお母さんも少なくないと思いますが、上記の三つが原因でいびきをかいているとすると、日常生活にも支障をきたしているかもしれません。

 

子供がいびきをかくことでいろいろな症状が出てきます。

 

 

・日中眠そう

・いつも落ち着きがなく集中力が続かない

・呼吸が荒く、口呼吸している

・大人と同じようないびきをかく

・おねしょを頻繁にする

・寝相がとても悪い

 

そして、重度になっている極めつけは夜寝ている時に服をそっと脱がせてお腹と胸を見て下さい。

 

正常ならば、息をした時に、お腹と胸が同時に膨らみます。しかし、扁桃腺肥大やアデノイドになっている場合、お腹は無くらみますが、胸はへこんでしまいます。

 

これは子どもの身体にとても負担がかかってしまっています。

WS001083

子供のいびきを手術で治す??

治療には手術する方法と、保存的治療がありますが、扁桃腺肥大やアデノイドになっている場合、第一の選択肢としては手術が挙げられます。

 

全摘手術

全身麻酔をして、口の中から扁桃腺を取り除きます。約8日間の入院が必要となります。

 

4歳以上ならば、他の組織が扁桃腺の働きをしてくれるので身体への影響はあまりないですが、小学校入学前の症状に応じて小児は手術を行うか、しないかの判断をします。

 

扁桃縮縮小術

扁桃肥大によるいびきの軽減等を目的に高周波電気で扁桃表面を凝固します。

 

1回の処置で扁桃腺が約半分まで縮小し、日帰りできるところもあります。これは扁桃腺の大きさが落ち着く14歳以上の人が手術出来ます。

 

抗生物質投与

アデノイド肥大の場合は年齢と共に小さくなることから、最初は抗生物質を服用して様子を見ることが多くなってきているみたいです。

 

アデノイドが小さくならずにいびきが酷い・頻繁に扁桃炎を繰り返すようならばアデノイド切除術を行います。

 

手術としてはアデノイドの方が比較的簡単に終わり、術後も比較的早く治ります。

WS001082

扁桃腺肥大で手術をした場合、扁桃腺は舌の付け根の部分にあるということで、食事をする時に必ず食べ物が扁桃腺を通過しなくてはいけないことから、食事において多少の痛みを感じます。

 

また、気を付けなければいけないことが、出血です。手術をしてすぐに止血したとしても、少し時間を置いてまた出血する、ということがあります。

 

大人ならばすぐに違和感を周囲に伝えることが出来ますが、小学生や、小学生未満のお子さんも手術を行うため、術後のどの違和感を周囲に伝え辛いということもあります。

WS001081

術後は柔らかい流動食から始めて2,3日以内には普通の食事に戻ることが出来ます。

 

術後出血・発熱等がなければ、4~7日で退院、7~10日頃には園に通っても大丈夫ですが、激しい運動は通い始めてから1週間は避けましょう。

 

もし子供がいびきをかいているなら手術で治すことも考えて置いたほうがいいかもしれません。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ