鼻づまりで苦しそう!?子供の花粉症が増えている理由って?

従来であれば、花粉症は大人がなりやすい症状として知られていました。

 

ですが、近年では発症の低年齢化が目立つようになり、16歳以下の子供のおよそ30%が発症していることがわかっています。

 

データによっては、幼児で8%、小学生になると20%も存在するとされ、深刻な問題として取り上げられています。

 

子供の花粉症が増えている理由はなんなのでしょうか?

スポンサードリンク

そもそも子供のアレルギーが増えている

原因は現段階ではまだはっきりと解明されているわけではありませんが、子供がかかりやすいアトピー性皮膚炎が花粉症と関わっていると疑われています。

 

アトピー性皮膚炎はアレルギー性疾患の一種ですが、アレルギー性疾患にかかる子供は年々増え続けているのも、発症の低年齢化の原因として医療機関などでも指摘されています。

 

花粉症はスギ花粉が有名ですが、スギ花粉だけでなくヒノキやブタクサなどの他の植物でも発症することが多くありますので、スギ花粉の季節に関係なく症状に苦しむこともよくあります。

 

他の原因とされるアレルギーの問題ですが、現在の住宅は気密性に優れていることから、ほこりやダニの死骸などが室内にたまりやすくなっています。

 

ハウスダストがたまりにくい環境に整えたり、こまめに掃除機をかけるなどの工夫が必要です。

 

スポンサードリンク

花粉症などのアレルギーの子供が増えている理由

花粉症などアレルギーがどんどん低年齢化してきているには理由があります。

 

その大きな理由のひとつが免疫機能の低下と言われています。現代の子供たちはこの免疫機能を正しく働くような環境にいないことが大きな理由なんです。

 

生活習慣の乱れも、身体の抵抗力を低下させ、アレルギーを引き起こす原因になります。

 

栄養がかたよったインスタント食品やレトルト食品、ファストフードなどを頻繁に食べていると、健康的な身体を作れなくなります。

 

花粉症を悪化させてしまう食べ物はこちら>>

 

また、朝食を抜く、お菓子で食事を代用するなどの行為も、必要な栄養を摂取しにくくする原因です。3食しっかりと、栄養バランスのよい食事を取ることを心がけることが大切です。

 

睡眠不足や運動不足も、身体によくありません。テレビやゲーム、パソコンなどを夜遅くまで行なっていると、眠れなくなる恐れがあります。運動は丈夫な身体に成長するためには必要なものです。

 

これらを怠れば、自律神経に悪影響を及ぼし、免疫機能が低下することになります。

WS001251

近代化された外の環境も、子供の花粉症を増やす要因です。

 

今は綺麗に舗装されたアスファルトが一面に敷き詰められていますが、アスファルトの上を走る車などが花粉を巻き上げ、広範囲に花粉を飛散させてしまいます。

 

また、工場からの煙や、車の排気ガスなどの大気汚染が影響していたり、清潔を保つ意識が行き過ぎて、必要以上に菌まで取り除いてしまう環境が、子供の花粉症を悪化させている恐れがあります。

 

受験や将来に対する不安などのストレスも、免疫機能低下に繋がりやすくなります。

WS001248

子供の免疫機能を低下させているような生活習慣はしていませんか?

 

空気の悪い地域に住んでいる(都会のほうが花粉症の人は多い統計がある。)場合にはなかなか、引っ越しは難しいでしょう。

 

しかし、生活習慣は変えることが可能です。

 

 

・食生活

・運動

・生活リズム

 

 

こういったことができているかどうか、まずは確認していくようにしましょう。。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ