嗅覚は大事??嗅覚って鍛えることができる?方法は!

あまり気にしていないかもしれませんが、嗅覚って大事な感覚なのを意識したことはありますか?

 

嗅覚が鈍いと、困ったことが出てきます。そんなときには、嗅覚を鍛える方法を試してみましょう。

スポンサードリンク

嗅覚って大事なの??

普段の生活の中でそれほど意識しているわけではなく、また、それほど気にしていないもののひとつに、嗅覚があります。

 

目が悪い、耳が悪いという場合は、生活に支障を来たすことも多いため予防に努めたり、不調に気付けばすぐに病院に行って治療したりします。

 

それに比べて、臭いが分かりづらい、嗅覚が鈍いという場合は、日常生活に直接支障がないため、ついつい後回しにしがちです。でも、実は嗅覚も人間にとってはとても大切なものなのです。

WS001110

たとえば、嗅覚が鈍ると食べ物の味を正しく感じられなくなってしまいます。本来の味よりも薄味に感じてしまえば、料理の味付けが濃くなったり調味料を多めに使ったりすることにもなりかねません。

 

また、火事やガス漏れなどの緊急事態にいち早く気付くのは、においからという場面も少なくありません。

 

更に最近の研究では、嗅覚が鈍い人はアルツハイマー型認知症になる確率が高いことも知られています。

 

嗅覚は脳に刺激を与えることに役立つため、嗅覚を鍛えることがアルツハイマー型認知症の予防に役立つとも言われているのです。

スポンサードリンク

嗅覚を鍛える方法は?

残念ながら人間の嗅覚は、年齢と共に衰えていくものです。若い頃よりもにおいに鈍感になったと思っている人もいるのではないでしょうか。

 

でも、嗅覚は鍛えることができるのです。身体を鍛えるように嗅覚も鍛えて、脳の活性化に役立てましょう。

 

嗅覚を鍛える方法はとても簡単です。

WS000992

普段家にあるものを使うだけなので、特別なものを用意する必要もありません。嗅覚を鍛える上でいちばん大切なのは『においを意識して生活をする』ということなのです。

 

たとえば、コーヒーや紅茶を飲む時、ただなんとなく飲んでいませんか?大好きなフルーツやチョコレートを食べる時、漫然と口に運んでしまってはいませんか?

 

食事でもおやつでも、まずは香りを楽しんでから口に運ぶようにしましょう。コーヒーのいい香りや好きな食べ物の香りをゆっくり嗅ぐ習慣をつけるだけで、十分嗅覚は鍛えられていくのです。

WS000993

食べ物以外にも嗅覚を鍛えるために役立てることができるものがあります。

 

それはシャンプーや香水、アロマオイルや石鹸など、普段自分が使っているものです。

 

好きな香りを1日に4回から6回嗅ぐことを続けていくと、嗅覚が発達して脳への刺激にも役立ちます。

 

好きな香りを楽しむだけで嗅覚が鍛えられるのですから、とっても簡単ですし、慣れてくれば楽しみのひとつ、リラックスのひとつにもなります。

 

今日すぐにでも始めることができるので、ぜひ試してみてください。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ