嗅覚過敏の原因と病院でのチェック方法は?

嗅覚過敏という症状を知っていますか?この嗅覚過敏は、思っている以上の人が抱えていると言われています。

 

この嗅覚過敏の原因はなんなのでしょうか?また、病院でチェックをするときにはどんなことをするのでしょうか。

スポンサードリンク

嗅覚障害は人間がにおいを感じる部分に障害が起きて、においが分からなくなったり正常に感じることができなくなったりする症状のことです。

 

具体的には、においが全く感じられなくなる症状やちょっとした悪臭にも耐えることができなくなる嗅覚過敏、いいにおいを悪臭と感じてしまう嗅覚錯誤などがあります。

 

嗅覚障害と聞くとにおいが分からなくなる症状が頭に浮かぶ人も多いと思いますが、嗅覚過敏も実はわりと発症している人が多い症状だと言われています。

 

においが分からなくなる症状と違って耳鼻科で鼻の治療をすれば治るというものではなく、時に精神科の治療を必要とする場合もある、心と関係のある症状なのです。

スポンサードリンク

嗅覚過敏の原因は

いちばんポピュラーなのが、女性が妊娠した時に感じやすくなる嗅覚過敏です。

 

この場合は妊娠に伴ってホルモンのバランスが乱れることが原因と言われていて、つわりと同じようなものと考えられます。

 

特定のにおいが嫌いになったり、生活上のあらゆるにおいに敏感になってしまったり、食べ物の好き嫌いが変わったりすることも嗅覚過敏の一種です。

 

もちろんこれは一時的なものなので、ホルモンの状態が安定してくれば自然と治ってきます。

WS001084

病気と考えられる嗅覚過敏の場合は、これまでの経験や記憶、ストレスなどが原因となって嗅覚が異常に敏感になってしまいます。

 

この場合自然に治すことは難しく、長引いてしまう可能性もあるため、何らかの治療を必要とします。においは人の脳や精神に大きく作用するものです。

 

アロマテラピーなどは、いい香りを嗅ぐことで気持ちをリラックスさせ、いい気分にさせてくれる効果があります。

 

これに対して、あるにおいを嗅いだ後に嫌な経験をしたり、体調不良を感じたりしたことがあるとその経験が残ってしまい、その後もそのにおいを嗅ぐたびに嫌な気持ちになってしまうこともあります。

 

そして、その嫌いなにおいは、どんなにおいよりも、ちょっとだけにおっただけで、感じ取れてしまうのです。

 

そのことからも嗅覚過敏の原因には、精神性によるところが大きいと分かってきます。

WS001110

もしもふつうは人がいい香りだと感じるようなにおいでも、嗅覚過敏の人にとっては悪臭に感じられることもあるのです。

 

たとえば香水や洗剤、柔軟剤のにおいを嗅ぐと頭痛が起きたりヒステリー状態になってしまうという人もいます。

 

病院での嗅覚過敏の検査では、次のようなチェック方法が行われます。普段の生活の中で使う様々な物のニオイを患者に嗅がせて、それが何のニオイなのか質問するのです。

 

このチェック方法や嗅覚診断キットなどを使って総合的に診断していきます。もしも気になる症状がある人は、一度病院で相談してみましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ