嗅覚過敏で頭痛がひどくなってしまう理由とは?

嗅覚過敏という状態になってしまうと、様々な症状が出ることが分かっています。

 

その中で、頭痛が出るという人もいます。嗅覚のことなのになぜ頭痛が出てしまったりするのでしょうか。

スポンサードリンク

アロマオイルのにおいや花のにおい、柔軟剤のにおいなどをいいにおいと感じ、心地よく感じる人が多い一方で、このようなにおいを不快だと感じたり、頭痛や吐き気などの体調不良を引き起こしてしまう人もいます。

 

この症状は嗅覚過敏と呼ばれています。これは、普通の人に比べてにおいを敏感に感じ過ぎてしまう症状が特徴で、ストレスやヒステリーなど、心の状態が影響していることもあります。

 

慢性的に頭痛持ちで悩んでいる人は多いと思います。

 

心配のあまり脳外科でレントゲンを撮っても問題は無いと言われ、頭痛薬を飲んでもあまり改善しない…その症状の理由として嗅覚過敏が考えられます。

 

ある特定のにおいを嗅ぐと体調を崩してしまうことがあったり、ストレスがたまっている時や疲れている時などに異常に臭いに敏感になってしまうなど、精神的なことが原因である場合も少なくないと言われています。

WS000927

頭痛持ちの人が片頭痛の症状を起こすと、においに敏感になりやすくなってしまいます。

 

頭痛が無い時にはそれほど気にならないにおいなのに、頭痛が始まるととたんににおいが気になって、更に脳を刺激して頭痛が悪化してしまうのです。

 

特に香水やたばこ、洗剤や生魚のにおいは頭痛を悪化させやすいと言われています。

 

香水売り場や喫煙スペース、鮮魚売り場などでにおいが気になり、頭痛がひどくなってしまう場合は、嗅覚過敏が疑われます。

WS000931

他にも嗅覚過敏の人の頭痛がひどくなってしまう理由として、不安によるストレスがあります。

 

頭痛がどんどんひどくなってしまうと、自分は何か悪い病気なのではないかと心配になってしまうものです。最近は『化学物質過敏症』という症状があることが知られています。

 

これは新建材や農薬をはじめとした化学物質によって頭痛や吐き気などの体調不良を引き起こしてしまう症状です。

 

洗剤やシャンプーのにおいを嗅ぐことによって頭痛がひどくなることから、自分は化学物質過敏症なのでは…と勘違いしてしまい、その不安からますます頭痛をひどくしてしまっている場合もあります。

 

不安やストレスは嗅覚過敏をますますひどくし、偏頭痛の症状も悪化させてしまう理由のひとつです。

WS000992

根拠の無い不安を気にして体調をどんどん悪くしていくよりも、まずは病院でしっかりと検査を受けてみましょう。

 

頭痛の原因が脳の病気でないこと、化学物質過敏症ではないことを知るだけでも少しは気持ちが楽になるものです。

 

その上で嗅覚過敏の症状が続くようであれば、精神科で相談をしてみるのもひとつの方法です。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ