眠くならない鼻水の薬ってあるの??

鼻水に効く薬を服用したいけど、眠気が出るという副作用が気になって手が出せないという方は多いのではないでしょうか。

 

最近は市販薬でも眠くならないものが多く販売されています。どういった薬が眠くなるという副作用が出ないのでしょうか。

スポンサードリンク

鼻水を改善する薬の眠くなる原因は「抗ヒスタミン」という成分が含まれているためです。特に第一世代と言われる抗ヒスタミン剤は、強い眠気と口の渇きという副作用を持っています。

 

しかし、最近主流になっている第二世代の抗ヒスタミン剤は眠気が起こりにくいものになっています。

 

そこで、眠気の副作用が気になる方には、第二世代の抗ヒスタミン剤が成分になっているものの服用をおすすめします。

 

市販されているもので第二世代の抗ヒスタミン剤が成分となっているものは、アレジオン20、アレグラFXなどが有名です。

 

これらは、鼻水、鼻づまり、くしゃみなどの症状全般に効果があり、予防効果も期待できます。ただ、第一世代の抗ヒスタミン剤に比べると効果がやや劣るという意見もあります。

 

ですがアレジオン20、アレグラFXともに眠くならないという点で人気を集めています。

 

病院で処方されるものでは、アレグラ、クラリチン、アレジオンなどが有名ですが、市販されているものと成分は同じだったりします。

WS001061

逆に服用によって眠くなる薬も把握しておきましょう。ステロイド系の成分と抗ヒスタミンの成分が配合されているものは、強い眠気や口の渇きなどの副作用が出ることがわかっています。

 

花粉症など、アレルギー性鼻炎などの症状にはよく処方されるものですが、その副作用から市販のものは販売されていません。

 

病院で出されるものはセスタミンというものが一般的ですが、つらい症状が強くでる方にのみ処方されるようです。セスタミンは2週間以上の長期服用はできません。

 

こういった抗アレルギー剤と呼ばれるものはアレルギーの鼻水しか効果がないと思うかもしれませんが、風邪のときにも鼻水の改善は期待できます。

 

(ただし、風邪のときの鼻水は止めたりしないほうが、治りが早いという報告が多数あります。)

スポンサードリンク

市販されているもの、処方されているもの共に眠気の副作用が出てしまうという方は、漢方を試してみてはいかがでしょうか。

 

ツムラの小青竜湯(しょうせいりゅうとう)という漢方薬は、鼻水や鼻づまりに効果を発揮します。

 

漢方ですから、眠くならないという特徴を持っています。他に、葛根湯も鼻周りの症状に効果を発揮してくれます。

 

葛根湯を選ぶときには、「満量処方」と書いてあるものを選ぶといいでしょう。有効成分が配合できる分だけ配合されているので、満量処方でないものと比べても効果が高いと言えます。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ