蓄膿症に効くアロマオイルはどれ!?

つらい蓄膿症の症状が少しでも改善するために、アロマオイルを選択するという方法があります。

 

意外と鼻をスッキリさせてくれるので、鼻づまりによるイライラやボーッとしてしまう症状にも効果的なんです。

 

今回は蓄膿症に効くアロマオイルについてまとめてみました。

スポンサードリンク

蓄膿症の効くアロマオイルは

蓄膿症に効くアロマオイルがあり、鼻の粘膜の炎症を和らげる効果があり、鼻づまりを改善することが出来ます。

 

アロマオイルだけで完全に治してしまうのは難しいですが、蓄膿症の症状が和らぐので、気分的にもスッキリするのでオススメです。

スポンサードリンク

その1 ティートゥリー

蓄膿症に効くアロマオイルの代表は、ティートゥリーです。抗菌・抗ウイルス、非常に強い殺菌の作用があり、鼻づまりを解消してくれる効果もあります。

 

ウッディな香りで、気持ちをリフレッシュさせてくれる効果も期待できます。

 

その2 ユーカリ

次におすすめなのがユーカリです。少し刺激的な鋭い香りなので、まずはティートゥリーを試してからチャレンジすることをおすすめします。

 

免疫力を上げ、鼻づまりを解消してくれます。また、意識を集中させる効果も期待できますから、蓄膿症で頭がぼんやりしてしまうときにもおすすめです。

 

その3 マートル

ティートゥリーやユーカリでは香りが強すぎるという方におすすめなのがマートルです。

 

優しい香りなので、アロマのにおいに慣れていない人でも気軽に使うことができます。

 

抗菌、消毒の作用があり、鼻づまりの解消にも効果を発揮してくれます。

 

その4 サンダルウッド

日本にも馴染み深い香りがサンダルウッドです。日本では、白檀という名で、お香として古くから親しまれてきました。

 

こちらも鼻づまりに効果があり、緊張や不安を和らげてくれますので、蓄膿症が原因で自律神経が乱れた際の精神不安定などの緩和に効果的でしょう。

 

その5 ペパーミント

普段の生活に馴染みがある香りが、ペパーミントです。歯磨き粉などにも使われている香りなので、苦手な人は少ないのではないでしょうか。

 

爽やかな香りで、蓄膿症のにおいから来る吐き気などの緩和が期待できます。鼻づまりにも、もちろん効果があります。

 

気分転換に使われるアロマでもあるので、気分が優れずやる気が出ないときなどにもおすすめです。

 

アロマオイルを選ぶなら安くて色々混ざったものよりも、天然成分が多いほうがいいです。↓↓

天然のアロマオイルを選ぶなら>>

アロマオイルの使い方は

蓄膿症の治療方法としてアロマオイルを使うときには、主に蒸気吸引という方法がとられます。

 

これはオイルを熱いお湯などで蒸発させて、その蒸気を吸い込むという方法です。手軽に出来る方法としては、アロマバスがあります。

 

湯船に入れたお湯に対して、2~3滴のオイルを垂らすだけです。浴室全体にいい香りが広がって、深いリラックス効果も期待できます。

 

ただし、肌が弱い人はオイルの刺激に負けてしまう可能性もあるので、使用の際には注意が必要です。

WS001062

他にも、洗面器にお湯をはってオイルを数滴垂らしその香りを嗅ぐというものや、アロマポットを使用する方法、加湿器の水にオイルを数滴垂らすという方法もあります。

 

どれも手軽に始められるものばかりですから、蓄膿症の症状緩和に役立ててみるといいでしょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ