蓄膿症の治し方は手術?薬?鼻うがい?自宅でできるのは?

蓄膿症になってしまったら、いつも鼻がズビズビとつらいものです。

 

そんな蓄膿症の治し方にはどんなものがあるのでしょうか。

 

手術、薬、鼻うがいなど完治させるにはどうすればいいのでしょうか。自宅でもできちゃう方法は?まとめてみました。

スポンサードリンク

蓄膿症の治し方

蓄膿症の治し方にはいろいろと言われていますが、ある程度症状を抑えるものから、完治させるためのものまで幅広いです。

 

また、蓄膿症に一度なってしまうと治したとしても再発してしまいやすくなるのです。再発を防止する上でも大事なことも紹介していきます。

 

・鼻をかむ

これは当たり前かもしれませんが、こまめに鼻をかむことで鼻水を出す必要があります。

 

鼻をかむだけで、治しきることは出来ませんが、鼻をすすったりするのは厳禁です。

 

鼻水が出そうになったら、こまめに優しく鼻をかむようにしましょう。これは自宅でも出来ますよね。

 

スポンサードリンク

・バランスのよい食事

偏った食事を続けている場合には蓄膿症になりやすいというデータがあります。

 

蓄膿症は慢性の副鼻腔炎ですので、やはり免疫力は大事なんです。

 

この免疫力をアップさせるためにはバランスのよい食事が必要となってきます。

 

脂っこいものが多かったり、スナック菓子を多く食べていたり、お肉ばっかりはやめるようにしましょう。免疫力を高める食事を心がけましょう。

WS000999

・鼻うがい

鼻うがいは蓄膿症に有効です。自宅でできる治し方のひとつです。

 

鼻うがいのやり方については↓↓

鼻うがいってどうするの>>

 

ただし、注意があります。蓄膿症の炎症が起こっている副鼻腔までは洗浄液は構造上は届きません。あくまで軽い蓄膿症であれば改善が期待できます。

 

重症の場合は完治させるには鼻うがいだけでは足らないのです。

 

蓄膿症でないときでも鼻うがいは予防的にも効果的ですよ。

WS000993

・身体を冷やさない

身体を冷やさないようにすることは蓄膿症にとって大事です。というよりも病気全般的に大事です。

 

身体が冷えているような状態は代謝も落ちるために免疫力が落ちてしまうからです。

 

・冷たいものを飲まない

・お腹を冷やさない

・身体を温める食べ物を食べる

・クーラーは温度高めに

・運動で筋肉をつける

いろいろと身体を冷やさないようにする方法はあります。冷えの改善は蓄膿症の改善にもつながり、予防にも良いです。

WS000932

・お腹の調子をととのえる

お腹が弱い人は蓄膿症にもなりやすいようです。胃腸の健康は身体の健康につながっています。

 

お腹の調子が良いと、免疫力は必ずアップします。

 

・発酵食品を取り入れる

・暴飲暴食しない

・よく噛んで食べる

・脂肪は控える

・食事バランスが大事

・夜遅くに食べない

・刺激物は避ける

 

お腹に悪いことはなるべく控えましょう。少しずつでも続くことでダメージは蓄積されていくからです。

WS000943

 

・薬を使う

完治させてしまうにはやはり薬は有効です。鼻づまり程度で病院に行くのは・・・という考えはやめましょう。

 

蓄膿症は早ければ早いほど治すことが難しくありません。長引いいてしまうと、本当に治しにくい病気です。

 

病院で出してもらえる薬は

・膿を出す薬

・消炎剤

・抗生剤

 

基本的にはこの2種類になるでしょう。蓄膿症が重症であるほどに薬を飲む期間が長くなります。1ヶ月くらい飲み続けることもあります。

 

重度の蓄膿症は治し切ることが出来なかったですが、現在では低容量のマクロライド系抗生物質を長期間服用する方法などが開発されてします。

 

蓄膿症の治し方でもっとも有効な治し方のひとつです。

WS000968

・膿の吸引

これも病院で行う処置です。副鼻腔に溜まってしまった膿を機械を使って吸い出すのです。

 

これは痛みがつらいこともあります。ただし、膿を吸い出してくれるので嘘みたいにすっきりします。

 

膿の吸引を行うことだけでなく、薬による治療も同時に行っていきます。膿の吸引方法もいくつかあるので、どんな方法があるのか尋ねてみるとよいでしょう。

 

もしかしたら、痛みの少ない方法が出来ることもあります。膿の吸引も蓄膿症の治し方にはかなり有効です。

WS000944

・手術

蓄膿症の手術は重症の場合に、薬だけでは効果がなかったときに選択される治し方です。

 

現在では内視鏡を使って行う手術がほとんどなので、痛みや後遺症も少ないものなんです。

 

手術では鼻をふさいでいる粘膜や鼻茸を除去していくんです。しかし、手術だけでは完治させることは出来ません。

 

手術によって膿を出しやすくしたり、薬が届きやすくするためのものなので、手術後には薬による治療が続けられます。

WS000912

 

いかがでしたか?蓄膿症になったから病院へ行ったけど治らなかったということも多くあります。

 

薬で抑えこんでも、自分の免疫力が高くなかったら治りにくいのは当たり前です。

 

蓄膿症かどうかまずはしっかりと診断してもらうことが大事なので、おかしいと思ったら早めに病院へ行くほうがよいでしょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ