いったいどんな症状が蓄膿症?蓄膿症の症状チェック!

いったいどんな症状が蓄膿症か知っていますか?放っておいてもなかなか治らない蓄膿症って?

 

鼻から嫌な臭いがして、蓄膿症かな?と感じたら、以下のような状態になっていないかチェックしてみましょう。

スポンサードリンク

蓄膿症のチェックその1 臭い

代表的な症状は、鼻や口から嫌な臭いがするというものです。

 

この病気は鼻の奥で炎症が起きてしまい、鼻汁が膿状になってしまうものですから、その鼻汁の臭いが鼻や口から出て来てしまいます。

スポンサードリンク

蓄膿症のチェックその2 鼻汁の状態

また、鼻汁の色にも変化が見られます。健康な状態であれば鼻汁は透明ですが、この病気になると黄緑色のどろっとしたものになってしまい、それが鼻から喉へと垂れてくることもあります。

 

この病気になると鼻が詰まっている感じがするので頻繁に鼻をかむことになりますが、そのときにいくら鼻をかんでも奥に残っている感じがするというのも、症状のひとつです。

 

また、年中鼻がつまっていて息苦しい、鼻がつまって夜も眠れないなども、ただの鼻づまりではなく蓄膿症のせいである可能性があります。

WS001002

蓄膿症のチェックその3 痛み

さらに、鼻や鼻の周囲が痛くなることもありますし、鼻がつまってしまうことによって、食べ物のにおいや味を感じにくくなるということもあります。

 

鼻部分だけでなく、他の部位にも様々な症状があらわれます。代表的なものが、頭痛や頭のだるさです。それによって、頭がボーッとしたり、集中できなかったりという状態になってしまうこともあります。

 

また、頬や目の奥、歯の奥など、顔の色々な部分が痛くなることもあるでしょう。

 

鼻の病気だからと言って、鼻部分だけに症状が集中するというわけではないので、他の部分の痛みや違和感にも気をつけておくべきです。

WS000993

蓄膿症のチェックその4 風邪のような症状

また、風邪とよく似た症状が出る場合もあります。例えば鼻声になったり、声がうまく出せなくなったりするというものです。

 

この場合、風邪と勘違いして風邪薬を飲んでも蓄膿症に対しての効果は得られませんので注意が必要です。

 

風邪や花粉症とこの病気を見分けるには、鼻汁の状態が大きな基準となりますのでチェックが必要です。鼻汁がどろっとしている場合には蓄膿症を疑うのがいいでしょう。

 

また、この病気では花粉症や風邪と違って、頻繁にくしゃみが出るということはありません。

 

鼻周りに違和感はあっても、かゆみや発熱はないので、その点でも蓄膿症かどうかをチェックすることができるでしょう。

WS000970

蓄膿症は、放っておいてもよくなるという病気ではありません。

 

鼻に違和感を覚えたり、上記の症状に当てはまる項目があったりした場合にはこの病気を疑い、適切に対処することが早期回復にはとても大切です。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ